Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム 活用事例 2008年度 活用事例
2008年度 活用事例

遠隔講義・セミナーの活用例
 食品の衛生管理とHACCP 〜日本における適用事例〜

【実施日:2008.10】
インドネシア 貿易研修センター向け遠隔セミナー
インドネシア貿易研修センター(IETC)はJICAの協力で設立した研修機関です。同センターはTV会議システムを利用し、日本とジャカルタ、ジャカルタと地方のメダンやスラバヤなどを結び、遠隔研修を定期的に実施してきました。島嶼国のため移動に時間がかかるインドネシアで遠隔研修は活動の効率と効果向上に貢献しています。
例えば、食品管理過程の管理標準についてのセミナー、総合品質管理(TQM)についてのセミナー、数多くの遠隔セミナーをIETCが立てた年間研修計画に基づき実施しています。

インドネシア向け改善セミナーの様子
(インドネシア向け改善セミナーの様子:左IETC、右東京会場)


マルチメディア教材の活用例
 ものづくりの魅力 Skills Make Your Dream Come True
本教材は職業訓練校で学び卒業し社会で活躍する4人の実例を紹介しています。
ものづくりの魅力、仕事のやりがい、どのようにキャリアを形成したかを伝える映像教材です。チュニジア人とヨルダン人がモデルとして登場し、インタビューに答えており、英語だけでなく中東・北アフリカ圏の方々に伝わるようアラビア語化されています。職業訓練校の関係者向けに様々な場面で活用されています。
例えば、ヨルダン教育省関係者向け職業意識向上ワークショップ(2008年8月)というJICAとヨルダン教育省が共同で開催したワークショップの前半で、参加者70名が本映像を視聴してから、グループディスカッション活動へ移り、活発なワークショップになりました。

ものづくりの魅力 Skills Make Your Dream Come True      ものづくりの魅力 Skills Make Your Dream Come True
  教材はこちら

TOPへ