Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム 活用事例 2009年度 活用事例
2009年度 活用事例

遠隔講義・セミナーの活用例
 改善 〜生産性向上のための小さなステップ〜

【実施日:2008.11】
本遠隔セミナーは日本企業で取り入れられている生産管理の概念(改善、5S活動など)について、企業の事例をまじえ開発途上国に紹介しています。
特に民間セクターの方々を対象にしており、アジア、アフリカ、中東、中南米地域の32カ国向けに実施されました。2008年11月には数日間に渡り開催され計480人を越える方々が参加しました。日本の事例を聞く機会が少ない参加者のモチベーション向上にもつながり、例えば「自分の職場に改善の概念を紹介してみたい(ザンビア)」、「民間だけでなく公的機関の業務向上にも役立つ概念である(パレスチナ)」など、高い評価を得ています。

生産性向上のための小さなステップ KAIZENセミナー     生産性向上のための小さなステップ KAIZENセミナー

マルチメディア教材の活用例
 アグロフォレストリー森をつくる農業〜アマゾン熱帯雨林との共存〜

本教材は、JICAが協力してきた森林保全と農業経営を両立させる技術の一つ「アグロフォレストリー」を映像で紹介しています。
アマゾン地域の事例を交えて、わかりやすくコンパクトに紹介しています。同技術を広く知ってもらうためにテレビ放送やイベントなどで活用したり、民間企業などへ短時間で紹介するときに活用されています。例えばアグロフォレストリーに関連するTV局の放送番組やニュースで映像の一部が放映された実績、国際環境映画祭で入賞作品に選ばれた実績があります。

アグロフォレストリー森をつくる農業      アグロフォレストリー森をつくる農業
  教材はこちら

TOPへ