Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム 利用ガイド GDLNとの連携
GDLNとの連携

国際協力機構のJICA-Netと、世界銀行のGDLN(Global Development Learning Network)はともに、技術協力や知識・経験の共有を通じた「開発」と「貧困の削減」を目標としています。
世界銀行が日本政府の協力のもと、2004年6月に設立した東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、同年11月、JICA-Netと協力協定を結びました。これにより、それぞれのネットワークの機能が一層広がりを持ち、遠隔ラーニングネットワークが誕生しました。

活用実績

2004年11月に協力協定を結んで以来、世銀とJICAは双方でのプログラムの共同開発 ・実施を進めています。単なるセンター施設の共有にとどまらず、遠隔方式を取り入れた多様な活動におけるコンテンツの共有に取り組んでいます。

JICA-Netからはお勧めセミナーを世銀GDLNへも配信し、アジア・アフリカ地域では好評を得ています。
また、WBIの協力を得て、世銀のセミナーをJICA在外事務所へ2007年度より配信を始めました。
詳しくは、世界銀行・東京開発ラーニングセンターのウェブサイトをご覧下さい。

3分で分かる!JICA-NetとGDLNのパートナーシップ クイックツアースタート

TOPへ