Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 遠隔講義・セミナー事例紹介 「使える!事業評価のキホンの『キ』」

遠隔講義・セミナー事例紹介

>>「使える!事業評価のキホンの『キ』」 〜JICA-Netのマルチメディア教材、TV会議システムを活用〜

本セミナーはテーマを課題部・地域部等から募集し、JICA関係者に向けて横断的に実施される「課題対応型」遠隔講義・セミナーです。

実施日時
セミナー実施全体の様子 以下の日程で第1回〜第4回までを日本語で実施しました。
  • 第1回: 2010年3月17日(水)12:00〜14:00
  • 第2回: 2010年3月23日(火)16:00〜18:00
  • 第3回: 2010年4月07日(水)19:00〜21:00
  • 第4回: 2010年4月08日(木)  8:00〜10:00
講師
グローバル・リンク・マネジメント株式会社 喜多桂子氏
参加国と参加者

TV会議システムの様子 参加者の様子

55拠点/196名
背景と目的
JICA評価部では現在、新JICAの事業評価
(特に3スキーム(技術協力プロジェクト、円借款、無償資金協力)に係るガイドラインを作成中です。JICA事業に携わる多くの方々に、この新たな事業評価ガイドラインを最大限活用頂き、今後の事業改善や新規事業の開拓に活かしていただけるよう、事業評価ガイドラインの理解ならびに活用促進を目的とし、JICA−Netの遠隔技術を利用したセミナーを実施しました。
到達目標
「評価の役割と目的」「3スキームの共通点と相違点」「評価によくある間違い」を理解するとともに、新事業評価の自己学習を促すきっかけを作る。
参加者の声
  • プロジェクトの目標の設定、評価指標の設定の方法が非常に有用だった。クイズが取り入れられており、わかりやすかった。
  • 一方的な講義ではなく、受講者との対話を含めた内容で非常にわかりやすかった。
関連する教材のご紹介
マルチメディア教材【基本が分かる!JICA事業評価】日本語・英語
JICA-Netライブラリからご覧いただけます!
https://jica-net-library.jica.go.jp/jica-net/user/lib/contentDetail.php?item_id=810
TOPへ