Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 2010年 新作マルチメディア教材のご紹介 [French・Spanish翻訳]

2010年 JICA-Net新作マルチメディア教材の紹介 [French・Spanish翻訳版完成]

  JICA-Netでは制作教材を更に広く活用していただくために、既存教材の多言語化(翻訳版の制作)を行っています。 2010年に新たに多言語化された5教材について、一部ムービーを紹介します。

"算数大好き”への一歩

算数の授業、好きでしたか?
この教材はホンジュラスが国をあげて取り組んでいる、「算数大好き」の授業例が収録されています。2003年から「算数指導力向上プロジェクト」というJICAの技術協力プロジェクトを、日本の算数教育専門チームとホンジュラス教育省が進め、教員向け指導書や生徒向け学習帳などを開発しています。このような取り組みはニカラグアやエルサルバドルなど中南米諸国だけでなく、フランス語圏のアフリカ諸国でも展開中です。

■分野課題:
教育
■言語:
  • French
  • Japanese
  • English
  • Spanish

詳細をみる

ジェンダー主流化のためのツール 
〜ジェンダーの視点に立ったPCM手法入門〜

男子だけ幸せ、女子は不幸になった。そんな就学率向上プロジェクトって、残念ですよね?
なぜ、残念なプロジェクトが生まれたのでしょうか。プロジェクトの各段階で、ジェンダー平等という視点が欠けていたのかもしれません。JICAは途上国でプロジェクトを計画するとき、男性と女性両方に利益をもたらすよう"ジェンダー主流化"というアプローチを重視しています。この教材はジェンダーの視点に立ったプロジェクト・サイクル・マネジメント(PCM)手法を紹介しています。研修やワークショップで、日本人スタッフはじめ、英・仏語圏で活動するプロジェクトスタッフ向けに利用しています。

■分野課題:
ジェンダーと開発
■言語:
  • French
  • Japanese
  • English

詳細をみる

水道事業における総合的な無収水削減対策 〜無駄な水を減らすために〜

日本は蛇口を捻ればおいしい水が飲め、しっかりメンテナンスされています。このような質の高いサービスや上水道管理技術はカンボジアなど途上国に技術移転されています。途上国の悩みは、配水管から水漏れや盗水など、水道サービスを維持する収入源を失い、多くの無駄な水(無収水)が発生することです。この教材は無収水を減らす対策がまとまっており、途上国向けの技術研修で使われています。JICAが水道局や民間企業の協力を得てできた知見はトルコで開催された「世界水フォーラム」でも紹介され、注目を集めました。

■分野課題:
水資源・防災
■言語:
  • Spanish
  • Japanese
  • English

詳細をみる

基本がわかる!JICA事業評価

JICA事業評価って何?
世界の開発援助を行っている国々は「評価原則」を持っていて、援助の内容をより良くすること、説明責任を向上させることを目指しています。JICAも同じく、途上国で行う個々の協力について、事業評価をしています。この教材は最新のJICA事業評価の基本がまとまっており、事業評価に携わる関係者向けセミナーで利用したり、学生や一般向けにも広く公開しています。

■分野課題:
評価
■言語:
  • Spanish
  • Japanese
  • English

詳細をみる

基本がわかる!JICA事業評価画面キャプチャ

* この教材はe-learning形式で動画はありません。

日本の地方行政−学びと改革の経験−

日本は、地方行政サービスをより良くする取り組みや地方行政改革など長い歴史と経験があります。そして失敗例もあれば成功例も。途上国も同じ取り組みをしていて、日本の経験に高い関心があります。この教材は日本の地方行政の歴史と構造、行政サービス改善、分権化改革の事例などを紹介しており、途上国で地方行政に関わる人たちが自国のサービスを考えるヒントになります。

■分野課題:
ガバナンス
■言語:
  • Spanish
  • Japanese
  • English

詳細をみる

日本の地方行政−学びと改革の経験−画面キャプチャ

* 利用許諾上、閲覧をJICA関係者に限定しています。

TOPへ