Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net マルチメディア教材活用事例 〔日本の経験−廃棄物管理〕

日本の経験−廃棄物管理−

今回は平成19年度作成教材の中から、「日本の経験−廃棄物管理」 のシーンごとの利用ケースをご紹介します。

  1. JICA本邦研修で来日中の研修員向け補助教材として・・・
  2. JICA兵庫やJICA大阪が行っている廃棄物関連コースで活用
  3. ケニアナイロビ市で廃棄物管理協力のツールとして
    現地ワークショップにてケニア側カウンターパート機関が利用
  4. ボリビアで活動中のボランティアが 相手国の環境教育部関係者の知見を補強するために活用
  5. イー・アンド・イーソリューションズ社の活用事例
    研修の様子

    *研修の様子
    提供:イー・アンド・イーソリューションズ社

    同社ではマレーシアにおける廃棄物処理・リサイクル推進についての事業を実施しており、 その事業の一環として、マレーシア連邦行政官を対象とする3R(Reduce リデュース:減らす、Reuse リユース:繰り返し使う、Recycleリサイクル:再資源化 )研修が2011年11月に実施され、 日本の廃棄物処理・リサイクルの現状やその背景についての理解を深めるための講義用教材として 「日本の経験−廃棄物管理−」が使われました。

マルチメディア教材 「日本の経験−廃棄物管理−」とは?

「本教材は、行政・市民・企業による取り組みを紹介しつつ、廃棄物管理の改善に向けて日本がたどった歴史を開発途上国で廃棄物管理に携わる人々と共有することによって、 かつての日本は現在の開発途上国が抱えているのと同様の問題を克服し、現在に至っているという事実を知ってもらうことを目的としています。」

教材URL: https://jica-net-library.jica.go.jp/jica-net/user/lib/contentDetail.php?item_id=187

TOPへ