Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 新作 翻訳版マルチメディア教材(フランス語、ポルトガル語)

新作翻訳版マルチメディア教材(フランス語、ポルトガル語)

JICA-Netでは制作教材を更に広く活用していただくために、既存教材の多言語化(翻訳版の制作)を行っています。 2011年度に新たに多言語化された5教材について、ご紹介します。

基本がわかる!JICA事業評価

世界の開発援助を行っている国々は「評価原則」を持っていて、援助の内容をより良くすること、説明責任を向上させることを目指しています。JICAも同じく途上国で行う個々の協力について、事業評価をしています。この教材は最新のJICA事業評価の基本がまとまっており、事業評価に携わる関係者向けセミナーで利用するなど学生や一般向けにも広く公開しています。

分野課題:
評価
言語:
  • French
  • Japanese
  • English
  • Spanish

詳細をみる

基本がわかる!JICA事業評価画面キャプチャ

* この教材はe-learning形式で動画はありません。

彩(IRODORI) -木の葉の里の元気づくり-

JICAは開発途上国の農業改良普及員や地方自治体、NGOなどと協力し、地元で眠っているものを資源化する事業にも取り組んでいます。徳島県の「彩(いろどり)」事業は上勝町で取れる草木や花々を商品化した事例として注目されており、日本の優良事例としてこの教材は多くのワークショップや研修などで活用されています。

分野課題:
貧困削減
言語:
  • French
  • English
  • Japanese
  • Spanish
  • Nepali
  • Sinhara

詳細をみる

 -木の葉の里の元気づくり-画面キャプチャ

村落衛生改善の取り組み
〜持続的な衛生プロジェクトの形成のために〜

JICAが取り組んでいる安全な排泄物の処理、手洗いなど衛生改善習慣など村落衛生改善活動の事例を映像で紹介しています。マダガスカルでの現地村民の取り組み(技プロ、ボランティアの支援)活動を取材しており、今後どのように支援を進めていけるか、イメージできます。

分野課題:
水資源・防災/保健医療
言語:
  • French
  • Japanese
  • English

詳細をみる

アフリカにおける生活改善への取り組み
〜ケニア:SONGA-MBELE活動について〜

JICA筑波では、2006年度から3年間実施したアフリカ地域「アジア・アフリカ協力・生活改善を通じた農村コミュニティー開発」コースにおいて、アフリカ地域の研修員に、戦後日本の生活改善の経験を紹介してきました。 SONGA-MBELE活動は、同研修のケニアにおける帰国研修員による活動で、日本の経験をアフリカに適応する際の、良い参考になると考えます。

分野課題:
農業開発・農村開発
言語:
  • French
  • Japanese
  • English

詳細をみる

TQM(総合的品質管理)による病院管理改善

開発途上国では病院サービスを供給するシステムのマネージメントに問題があると指摘されています。慢性的な保健医療資源の不足もある中、サービス向上のために病院管理をどれだけ改善できるか、ということが課題となっています。 そこで、日本の製造業で発展した品質管理手法である、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)・CQI(改善)・TQM(総合品質管理)を病院管理に取り入れ、着実に病院改善の成果を出し始めているスリランカおよびタンザニアの事例を通じ、多くの費用をかけずに、日々の業務改善から取り組むこのモデルを事例として紹介しています。

分野課題:
保健医療
言語:
  • Portugese
  • Japanese
  • English
  • French

詳細をみる

TOPへ