Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net マルチメディア教材活用事例 〔彩(IRODORI)-木の葉の里の元気づくり-〕A

JICA-Netマルチメディア教材活用事例 〔彩(IRODORI)-木の葉の里の元気づくり-〕A

「彩」の教材を全国市長会議にてご紹介  一層の地域活性化に向けて

平成25年6月5日に外務省飯倉公館で全国市長会議が開催され、会場にて本教材を上映しました。参加者の方々から、「徳島県上勝町の彩(いろどり)のことは知っていたが、このような教材にまとめられているとは知らなかった。非常にわかりやすいので、是非もう一度見てみたい」とのご意見を多々頂きました。

この教材の上映をきっかけに、参加者の方へ地方自治体による草の根技術協力について説明したところ、地方自治体の特色を活かした国際協力に関心を持たれていました。国際協力を通じた今後の地域活性化に期待が高まります。

JICA 国内事業部市民参加推進課 若林敏哉

マルチメディア教材「彩(IRODORI)-木の葉の里の元気づくり-」とは?

JICAでは、開発途上国の農業改良普及員や地方自治体やNGOなどと協力し、地元で眠っている資源を活性化する事業にも取り組んでいます。
この教材は、徳島県上勝町を例に、地元のリソースを活用した開発を考えることにより、地域開発のみならず地元への愛着や自信に繋げるアプローチで成功した「彩(IRODORI)」事業について解説しています。「彩」事業は、上勝町の自然の草木や花々を日本料理に添える「つまもの」として商品化した事業で、本教材には「彩」事業の経緯や関係者を紹介する映像、ワークショップ等で活用できる研修計画、Q&A、解説付きシナリオも収録しています。 英語版、日本語版、スペイン語版、フランス語版、さらには現地事務所にて翻訳されたネパール語版やシンハラ語版の動画もあります。

詳細をみる

TOPへ