Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 新作 翻訳版マルチメディア教材(スペイン語)

新作翻訳版マルチメディア教材(スペイン語)

JICA-Netでは制作教材を更に広く活用していただくために、既存教材の多言語化(翻訳版の制作)を行っています。
2013年度に新たに多言語化された2教材について、ご紹介します。

「生ごみコンポスト化の推進によるごみ減量のすすめ」
「高倉式コンポストの技術」

JICA九州及び関係機関が開発途上国向けに技術移転してきた有機ごみの堆肥化(コンポスト)手法は、研修員や現地のJICAボランティア、草の根技術協力事業のカウンターパート等により活用が広まりつつあります。 高倉式コンポストとは、身近にある材料から発酵菌を採取し有機ごみと混ぜ合わせて分解させるのが特徴で、同手法をさらに広めるため本教材は制作されました。 内容は、生ごみコンポストによるごみ減量の取り組み事例、高倉式コンポストの作成方法、の2つの動画で構成され、これらの学習を通してコンポスト手法を体系的に理解することができます。

[関連リンク]
JICA:生ごみコンポスト

分野課題:
環境管理
言語:
  • Spanish
  • Japanese
  • English

詳細をみる

彩(IRODORI)-木の葉の里の元気づくり-

徳島県上勝町を例に、外部者の視点で、地元のリソースを活用した開発を考えることで、地域開発のみならず地元への愛着、自信に繋げるアプローチで成功した「彩(IRODORI)」事業を事例として解説しています。彩事業は、上勝町で採れる草木や花々を日本料理に添える「つまもの」として商品化した事業です。本教材は、彩事業の経緯や関係者を紹介するビデオ映像、ワークショップ等で活用できる研修計画、Q&A、解説付きシナリオも収録しています。英語、日本語、スペイン語版等があります。(2013年スペイン語版動画を改訂しました。※資料は日本語版をご参照ください)

[関連リンク]
JICA::日本と世界を地域からとらえる
JICA:徳島県上勝町、葉っぱビジネスの町との国際協力

分野課題:
貧困削減
言語:
  • Spanish
  • Japanese
  • English
  • French
  • Nepali
  • Sinhala

詳細をみる

TOPへ