Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net マルチメディア教材活用事例
〔生ごみコンポスト化の推進によるごみ減量のすすめ/高倉式コンポストの技術〕

JICA-Netマルチメディア教材活用事例〔生ごみコンポスト化の推進によるごみ減量のすすめ/高倉式コンポストの技術〕

コスタリカ「環境教育」在外研修での利用  

コスタリカ環境教育研修

 中南米地域のJICAボランティアとそのC/P計88名を対象とした「環境教育」在外研修を、7月23日から7月27日までコスタリカにて開催。研修の一部として「高倉式コンポスト」の講義・実習を行い、コンポスト講義の最後にこのマルチメディア教材を視聴して一連の内容を復習していただくことで、学びの定着を図りました。

 研修に参加した市役所スタッフであるC/Pからは、住民に同技術を普及するために市役所のSNSに本教材のリンクを張りたいとの声も聞かれ、今後環境教育分野のJICAボランティアが同技術をコミュニティや学校などに普及する際に、本教材が活用されることが期待されます。

JICA 青年海外協力隊事務局中南米課 中村史

マルチメディア教材「生ごみコンポスト化の推進によるごみ減量のすすめ」「高倉式コンポストの技術」とは?

ジャカルタの取り組み
 JICA九州では、九州の地方自治体、企業等と連携し、積極的に環境管理分野技術研修を行ってきました。なかでも、北九州市、財団法人北九州国際技術協力協会(KITA)、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)、J-POWERグループ株式会社ジェイペックといった北九州市内関係機関と共に開発途上国向けに技術移転してきた「有機ごみの堆肥化(コンポスト)手法」は、研修員や開発途上国で活動するJICAボランティア、草の根技術協力事業のカウンターパート等による活用が広まりつつあります。
 本教材は、生ごみコンポストによるごみ減量の取り組み事例、高倉式コンポストの実践方法、の2つの動画で構成され、これらの学習を通してコンポスト手法を体系的に理解することが可能です。言語は、英語・日本語・スペイン語に対応しています。

詳細をみる

TOPへ