Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net マルチメディア教材活用事例
〔LBEとは?〜チームによる研究を中心にした大学教育の概念と実践〜〕

JICA-Netマルチメディア教材活用事例〔LBEとは?〜チームによる研究を中心にした大学教育の概念と実践〜〕

インドネシア技術協力プロジェクト「スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画フェーズ2」での活用

ゴロンタロ大

このマルチメディア教材は、熊本大学大学院自然科学研究科の宇佐川毅教授による監修のもと、日本の工学教育におけるLBE(Labo-Based Education:研究室中心教育)の概念及びその手法を紹介するために作られた教材です。

2012年1月から3年間の計画でインドネシアにて実施中のJICA技術協力プロジェクト「スラバヤ工科大学情報技術高等人材育成計画(PREDICT)フェーズ2」では、このDVDの活用もあり、LBEを取り入れた研究室が既に50以上設置されています。また、スラバヤ工科大学のみならず、東部インドネシア地域の大学へのLBE普及のため、サムラトランギ大学(北スラウェシ)や、ゴロンタロ大学(北スラウェシ)、ウダヤナ大学(バリ)などで行われたセミナー会合においても配布されました。

熊大・宇佐川教授

LBEの説明をする宇佐川教授

上記プロジェクト以外でも、ミャンマーのヤンゴン工科大学など他国大学での講義や、途上国支援に携わる工学系大学教員、国際協力関係者などの参考資料としても活用されています。

ヌサチェンダナ大

専門知識の習得のみならず、応用、実践ができる工学系高度人材育成のため、LBEは日本型工学教育の好事例として、他国での活用が期待されています。




JICA 人間開発部高等教育・社会保障グループ  澁谷政治

マルチメディア教材「LBEとは?〜チームによる研究を中心にした大学教育の概念と実践〜」

  「LBEとは?」という概念から説明し、LBEを導入するメリットに対する理解を促すことを目的としています。LBEの導入を検討している大学教員の方々が、新しい取り組みをスムーズに導入できるよう、日本の授業の様子や、海外の大学での導入成功事例(スラバヤ工科大学、ホーチミン工科大学等)を紹介しています。より具体的なイメージを掴んでもらい、LBE の理解を深めた上で大学に合ったLBE の導入を考えてもらう機会を設けています。

詳細をみる