Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net  マルチメディア教材活用事例
〔JICAの課題別取り組み〜新たな支援を目指して〜日本語教育〕

JICA-Netマルチメディア教材活用事例〔JICAの課題別取り組み〜新たな支援を目指して〜日本語教育〕

「和歌山大学IER日本語教育の会  日本語教員研修会」での活用について

和歌山大学での講義の様子

和歌山大学では、留学生への日本語指導にボランティアで協力くださる方々を募集し、講習会を行った上で留学生への指導をして頂いています。そのボランティアの方々は、ほぼ月に一回の頻度で勉強会を開催していますが、2014年6月の勉強会でJICAの日本語教育ボランティアについて紹介しました。

再生中の教材


具体的な事例として、マルチメディア教材「JICAの課題別取り組み〜新たな支援を目指して〜日本語教育」を見て頂きました。その教材では、世界中から観光客を集めるモルディブが海外の日本語教育の現場として映し出され、日本語で観光ガイドを行う学習者が、モルディブの観光産業を支える人材として活躍していました。当初は日本人の日本語教育ボランティアから指導を受けていた学習者が、自らモルディブ人への指導を行うようになってきている事が紹介され、継続的な取り組みが自立に向けた支援に繋がっている事も分かりました。

映像を見ることで海外の日本語学習者の学ぶ意欲や姿勢が伝わり、和歌山の日本語指導を担って頂いているボランティアの方々にも、外国人が日本語を学ぶ意義を具体的にイメージして頂けたようでした。


竹内智子
和歌山大学国際教育研究センター(JICAより出向中)

マルチメディア教材紹介「JICAの課題別取り組み〜新たな支援を目指して〜日本語教育」

2004年度に発足したJICA課題部が所管する各分野課題について、JICAによる取組の指針や事例を、国内外の援助関係者に対して説明する視聴覚ビデオである。他ドナーやNGOとの連携を促進し、JICAが有する分野課題への取組を進化させた専門的ノウハウを対外的にアピールする広報的なツールである。23分野課題のうち以下の13分野課題について作成した。 1.農業開発/農村開発  2日本語教育  3平和構築  4自然環境保全  5水産  6保健医療  7貧困削減  8南南協力  9情報通信技術  10社会保障〜障害者支援〜  11エネルギー・鉱業  12民間セクター開発  13ジェンダー主流化・WID

詳細をみる

TOPへ