Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 JICA-Net マルチメディア教材活用事例〔JICA地球ひろば どう使う?「授業で使える10分映像集
(難民・イスラム・国際協力・教育)」―「開発教育指導者研修(実践編)」での授業づくり〕

JICA-Netマルチメディア教材活用事例〔JICA地球ひろば どう使う?「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」―「開発教育指導者研修(実践編)」での授業づくり〕


理解のための素材の用意

2017年3月、小・中学校における新しい学習指導要領が公示されました。そこでは「グローバル化する国際社会に主体的に生きる」力が重要視されています。実際の社会においても、2015年の国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が策定され、開発途上国のみならず先進国である日本も、目標達成に向けた取り組みが求められるようになりました。また、身近なところでは、2020年の東京オリンピックに向けて一層増えるであろう海外からの訪問者や在住外国人など、様々な価値観を持つ人々と対峙していく力も必要とされています。

4つのテーマを取り扱った映像教材

このような状況下、教育現場においても世界の課題理解や異文化理解の観点が一層期待されていますが、実際には国際理解教育・開発教育が取り組まれる機会は限られています。その一因として、新たな授業実践の準備の余裕がないほど、日常の業務が多忙な先生方の現状があげられます。そこで、当地球ひろばでは、先生方が授業で国際理解教育・開発教育に取り組みやすくなるよう、映像教材「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」とそれを活用するための学習指導案と参考資料を作成しました。



「他人事」から「自分事」への思考にむけて

映像教材作成にあたり、事実をまとめることに重点を置きました。本教材を通じて何か明確なメッセージを伝えるのではなく、本教材が各自が自分の答えを導き出すための素材となることを企図したためです。活用する方が、自由に授業や講座を構成し、児童・生徒や受講者が様々に感じたことを意見交換しながら、それぞれの答えを探していただきたいと考えます。

映像を用いた授業骨子案を検討・発表

映像のテーマは「難民」「イスラム」「国際協力」「教育」で、その実態の多様な側面をJICAのもつ開発途上国現場での映像や、世界のニュース映像などをまとめています。中学・高校の社会科での活用を念頭におき作成しましたが、他の科目・校種でも活用いただけます。また1コマ50分の授業で利用できるように、各テーマ10分以内にまとまっています。それぞれ複数の映像教材がありますが、この中の一つのみ、または順番の入れ替え、他の映像と組み合わせ等、目的に合わせ構成は自由です。
具体的な教育現場への展開支援としては、映像公開の約1か月後、2017年8月1日・2日の両日にわたり実施された「開発教育指導者研修(実践編)」での活用があげられます。本研修では、全国から参加した23名の小・中・高校の先生方がテーマごとグループに分かれ、本映像教材を用いた授業骨子について、下記の1〜4を話し合いました。

理解促進のためイスラム圏スカーフを体験

  1.なぜこのテーマを学ぶのか?(意義)
  2.何を学ばせたいか(内容)
  3.どのように学ぶか?(方法)
  4.子どもから何を引きだすのか?(展開)
参加した先生方の間では、「多様な価値観・文化・習慣があることを受入れ、互いに良さを認め合い、受入れることのできる力(イスラム)」、「社会の一員として、地球上の諸問題・課題を自分事として捉え、主体的に考え、継続的に行動できる力(難民)」「限られた授業時間で正確な知識を伝え、"ジブンゴト"としてとらえてもらう工夫をいかにするか(難民)」「学校教育の価値を生徒に気づいてもらえる授業はどのようなものか(教育)」「世界と日本の接点を切り口に国際協力の意義やSDGsの課題をどう捉えるか(国際協力)」などが議論されました。ここでの学び、気づきをもとに、先生方が2学期以降の授業で、本映像教材を活用していく予定です。
当地球ひろばには、全国の先生方のみならず、市民団体の方や元青年海外協力隊の方からも「授業・セミナーで使いたい」と映像の送付依頼がきています。主な活用先の想定は中学・高校の授業ではありますが 学校の現場に限らず、皆さんの社会を考える一助になればと思っております。

※現役の高校教諭が作成した映像教材を用いた学習指導案及び国際協力の現場での経験が深い方々による参考資料は下記のページに掲載されています。こちらもご参照ください。
https://www.jica.go.jp/hiroba/program/practice/education/video/index.html


内藤 徹
広報室 地球ひろば推進課

[関連リンク]

*活用されている主な教材

マルチメディア教材紹介「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」

JICA事業の映像や、NHKや世界の報道映像及び独自のインタビュー映像を、授業でそのまま使えるよう再編集した映像教材です。「難民」「イスラム」「国際協力・ODA」「教育」の四つのテーマを、それぞれ10分程の映像にまとめました。
  [難民]  1)国を逃れる人々 / 2)逃れた後の生活 / 3)各国の難民受入れ状況
  [イスラム]   1)イスラムの概要 / 2)世界各地のイスラム / 3)差別・排斥されるイスラム教徒 / 4)日本に暮らすイスラム教徒
  [国際協力・ODA]   1)国際協力・ODAとは / 2)日本の国際協力・ODA事業の事例 / 3)課題を共に解決する国際協力
  [教育]   1)アフリカ・ニジェールの教育課題 / 2)課題解決のための「みんなの学校プロジェクト」/ 3)「みんなの学校プロジェクト」に取り組んだ成果

詳細をみる

TOPへ