Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
HOME > TOPIC > "Multimedia-based Learning Material" Hot ranking August 2021

「マルチメディア教材」人気ランキング!【2021年 8月集計結果】
"Multimedia-based Learning Material" Hot ranking August 2021

をクリックすると教材の概要や、User's Voiceが表示されます。教材名のリンクから ライブラリ のページに飛びます。

Click the arrow icon (as the biginning), may refer the summary of the content. To browse the content itself, click the title URL linked.

衛生埋立への道-福岡方式(準好気性埋立技術) *
Road to Sanitary Landfill- The Fukuoka Method (Semi-Aerobic Landfill)

English/Spanish
衛生埋立への道-福岡方式(準好気性埋立技術)

User's Voice!
2009年に終了した「地方自治体廃棄物総合管理プロジェクト」で準好気性埋立処分場を建設しているにもかかわらず、当地でその処理方法に関する理解が進んでいないため、環境省や自治体の廃棄物管理に携わる関係者及び日本側青年海外協力隊員等が理解を深める一助としたい。
JICA エルサルバドル事務所

福岡大学松藤教授による準好気性埋立方法「福岡方式」の講義をCD-Rに収めたものです。松藤教授が通常、1日で福岡方式について講義を行う場合の最も基本的な内容となっています。

本邦研修の効率化、研修後のフォローアップの充実、及び本邦研修が受けられない方への講義の提供を目的として作成されました。

Three basic lectures on the Fukuoka Method are gathered into one CD-ROM. This training material is developed to improve efficiency of trainings provided in Japan and to provide opportunities for a wide range of people to learn about the Fukuoka Method.

»教材をみる

廃棄物研修教材(タイム・アンド・モーション・スタディ) *
A time and motion study of municipal solid waste collection systems

English/Spanish

JICAが1986年に英語で作成したスライド教材 "A time and motion study of municipal solid waste collection systems" のマルチメディア、リメイク版。都市一般固形廃棄物の収集・運搬業務を改善(効率化)するための『タイム・アンド・モーション・スタディ』調査の論理、手法を紹介しています

This material introduces a 'Time & Motion Study' which is a procedure for carrying a data collection and analysis process in a systematic manner. If it is appropriately utilized, will be very useful for decision makers in the public cleansing services of developing countries in their task to identify actual requirements and viable options for the improvement of garbage collection systems.

»教材をみる

エネルギーバランス図作成とデータに基づく省エネ政策分析手法 How to Make Energy Balance Figures, and Analysis Method for Energy Efficiency and Conservation Policies by Energy Balance

Japanese/English

省エネ政策の検討にあたって用いるデータ分析手法、特に、①IEAによるエネルギーバランス表を見える化したエネルギーバランス図の作成・活用手法、②IEAのエネルギーバランス表を活用したセクター別1次エネルギー消費量の見える化ツールの作成・活用手法の2点を解説します。
2015年のパリ協定以降、エネルギーの低(脱)炭素化推進は急務となっており、省エネは同目標達成に大きく寄与するものとされています。省エネ政策の立案にあたっては、国全体のエネルギー需給の特徴を把握し、効果の大きなセクターから順序だてて対応していくことが有効です。本教材では、国全体のエネルギーセクターを、どのように分析していくか、実演も交えて解説します。

This material explains how to conduct data oriented analysis to develop energy efficiency and conservation policies; 1. How to make and utilize energy balance figure utilizing IEA's energy balance table, 2. how to make and utilize primary energy based sector-wise analysis table.
After the Paris Agreement was confirmed in 2015, decarbonizing energy sector is of quite important; energy efficiency and conservation improvement is expected to contribute to the goal much. To develop an effective energy efficiency promotion policy, it is essential to comprehend the overall picture of the energy use in the country and develop policies for identified prioritized sectors. Based on this approach, this material explains how to conduct an energy sector analysis with demonstrations.

»教材をみる

4位

日本の生活改善の経験
The Lessons from Livelihood Improvement Experiences in Postwar Japan

Japanese/English
/French/Spanish
/Arabic/Sinhara
日本の生活改善の経験

User's Voice!
研修コースで使用するとともに、図書室内に排架して外国人研修員、施設スタッフ、一般の方の利用に供したい。JICA 札幌

この教材は、日本発の農村開発アプローチとして、日本の戦後の生活改善運動を概観し、日本の援助関係者が推進する援助業務の参考とすることを目的に制作しました。現在、各プロジェクトの中で生活改善のコンポーネントとして取り入れいる生活改善活動アプローチが単なる導入活動でしかない「改良かまど」が、社会的コンテクストを考慮しないまま採りいれられたり、収入向上が優先される目標であるとの理解から、生活改善と称して一挙に食品加工や手工芸を導入する向きがあります。 生活改善アプローチを正しく理解していただくために、日本の生活改善運動についての5つのキーワード(農村開発、貧困削減、生産と生活の両建ての働きかけ、参加型開発、行政と住民のシナジー)に基づき、生活改善活動へのアプローチ事例を通じて、理解を深められるよう構成しました。

This material was made for Japanese organizations that help developing countries as a reference for their assistance work. Currently, in each livelihood improvement project, there is a tendency to introduce improved kamados, as just an input activity, without considering the social context, and handicraft or food processing are introduced as a livelihood improvement project just because income improvement is the main objective. Therefore, this material is designed to deepen the understanding through example cases based on 5 key ideas: farm village development, poverty reduction, production activities compatible with the target group's lifestyle, participatory development, and synergetic effects between administrations and residents.

»教材をみる

5位 (同数)

地域主体の内発的地域開発
Endogenous Regional Development through Community Initiatives

English/Spanish

地域固有の資源(自然、人的、物的、金融、社会関係資本等)をベースとして、地域固有の伝統、文化、培かわれた技術を活用しながら、地域住民の主導により進められる持続可能な発展パターンを内発的地域開発(Endogenous Regional Development, EnRD)と呼び、これに対して、地域外の資源・資本を導入して主に工業化を目指す発展パターンを、外発的地域開発(Exogenous Regional Development, ExRD)と呼びます。この教材「地域主体の内発的地域開発」は、大分県旧大山町、大分一村一品、大分県旧湯布院町、岐阜県旧明宝村、愛知県旧足助町、北海道池田町といった日本の代表的な事例を通じて、内発的地域開発のプロセスをわかりやすく紹介しています。

The process of regional development promoted by the initiative of local people using local resources, including natural, human, physical, and financial resources, and social capital, based on local culture, traditions, and skills is referred to as Endogenous Regional Development (EnRD), while the process of regional development promoted by governments utilizing outside resources with legal controls and technical innovation is called Exogenous Regional Development (ExRD). This material introduces the process of EnRD by presenting Japanese case examples, including that of former Oyama Town, Oita Prefecture; One Village One Product Movement(OVOP); former Yufuin Town, Oita Prefecture; former Meiho Village, Gifu Prefecture; Ikeda Town, Hokkaido Prefecture; and former Asuke Town, Aichi Prefecture.

»教材をみる

5位 (同数)

大山を構築する ~地方開発の代替的アプローチ~
Constructing Oyama -An Alternative Approach for Rural Development-

English/Spanish
大山を構築する~地方開発の代替的アプローチ~

「本メディア教材は、大山町の開発の取り組みについて、実践者へのインタビューをもとに、当時の映像や画像を織り交ぜて編成されました。大山の夢づくり(梅栗植えてハワイへ行こう)、夢をカタチにするための実施機関と集合的活動の事例紹介、そしてひとづくりを通した住民の意識改革の変遷の3部構成となっています。住民の意欲を引き出すためのしくみと開発の流れがわかりやすく説明されています。

Based on the interviews with practitioners, the materials; video and images of the old Oyama regarding the efforts in the development of Oyama were edited. It consists of three main chapters; Searching for a dream (Let's plant Plums and Chestnuts and go to Hawaii), Achieving objectives (Implementation organizations and collective activities), and Human Resource Development (Changing Mindsets).

»教材をみる

  ※当月間の複製ランキングについては件数が満たなかったため5位までの発表とさせていただきます。
      For the few requests of the month, Duplication ranking is announced to the fifth place.

* 印の教材については利用許諾上、閲覧をJICA関係者に限定しております。 「複製とは?」

* Under copyright restriction, some contents are limited to JICA internal use only. "Application for Copies of Multimedia Contents"