Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
HOME > TOPIC > "Multimedia-based Learning Material" Hot ranking September 2021

「マルチメディア教材」人気ランキング!【2021年 9月集計結果】
"Multimedia-based Learning Material" Hot ranking September 2021

をクリックすると教材の概要や、User's Voiceが表示されます。教材名のリンクから ライブラリ のページに飛びます。

Click the arrow icon (as the biginning), may refer the summary of the content. To browse the content itself, click the title URL linked.

世界で輝く草の根の仲間 ~JICA草の根技術協力事業の現場から~
Introduction to JICA Partnership Program (JPP)

Japanese/English

草の根技術協力事業の案件現場からの発信の強化及び、より多くの団体に参加していただくため、潜在的に同事業への関心があり応募を検討している層の目線で発信する映像資料を以下の点を含めて制作しました。
1.草の根技術協力事業の目的、応募の仕組み
2.草の根技術協力事業の現場での活動イメージ、方法と成果、連携の意義
3.参考情報へのアクセス方法
国内外での草の根技術協力事業説明会、各種イベント・セミナー地球ひろば他JICAプラザ閲覧情報、市民参加ホームページ上で発信がされ、同事業への理解が進み事業提案がされることを期待しています。

JICA has been implementing the JCA Partnership Program (JPP) since 2002 in collaboration with Japanese development partners, mainly NGO's Local Governments, Universities. In order to promote the JPP through appropriate understanding of the program and cinditons, the film has been produced. The scenes from the selected JPP projects in Combodia, India and Kenya are being futured in the film.

»教材をみる

ジェンダー主流化への取り組みの好例 ~タンザニアKATC2~
A Good Practice of Gender Mainstreaming for Project Management -KATC2 in Tanzania-

Japanese/English
/Spanish

User's Voice!
主にインパクト評価関連の研究所プロジェクト、新規研究案件の構想のための参考資料として活用。JICA研究所で実施している研究案件と実際のJICAプロジェクトをより強くつなぐための資料・教材として、研究所内関係者で使用する。 JICA 研究所

ジェンダー主流化の好事例である「タンザニアキリマンジャロ農業技術者訓練センター計画フェーズ2」を対象に、同プロジェクトにおけるジェンダー主流化のための取り組みを紹介します。 具体例として、女性の参加を促すために研修参加者の男女比を半々に固定し、積極的な女性の参加を求めたこと、農業技術のほかに、改良かまどや家計管理など、女性が関心を持ちやすい研修コースを設けたことなどのポイントがわかりやすく解説されており、他のプロジェクトにおいてジェンダー配慮の視点を取り入れる際の参考として活用することが可能です。

This material introduces our efforts in the "Kilimanjaro Agricultural Training Centre Phase II Project Fields" as a good example of tackling the problem of streaming gender. Specifically, we produce exactly the same number of male and female joining workshops in order to promote women's participation. We also set up courses that are of particular interest to women, such as improved cooking stoves and home economics other than the agricultural technology course. This material can be used as a reference to propagate the idea of gender equality in other projects.

»教材をみる

「沖縄の保健医療の経験シリーズ」2  6編
"The Okinawan Experience in the sector of health system" series2 -- 6films

Japanese/English

本教材は、沖縄県における戦後復興期の保健課題の取り組みを紹介するもので、シリーズ1の内容をより具体的に採り上げています。以下6タイトルで構成されています。
1.沖縄の公衆衛生看護婦~実践編  結核~沖縄式DOTSの展開
2.寄生虫ゼロ作戦を開始せよ!  ~沖縄寄生虫予防協会の役割と発展~
3.明日の希望を育てるために  ~沖縄県小児保健協会の活動~
4.沖縄の医療保険のあゆみ  ~皆保険達成までの経緯~
5.沖縄にみる“野のカウンセラー”  ~現代医療と民俗治療~
6.沖縄の配置家庭薬システム  ~信頼が作り上げた“一次医療”~

Tthis DVD contains 6 titles as below which introduce measures for health reconstruction after the WW2 in Okinawa and add detail examples on 'Series 1'.
1.Public Health Nurse in Okinawa -Successfully Fighting Tuberculosis-
2.The Zero Parasites Campaign -Development and success of the Okinawa Parasite Control Association-
3.Helping the Next Generation Fulfill Its Promise -MCH activities by the Okinawa Society of Child Health-
4.History of Health Insurance in Okinawa -Towards Universal Coverage-
5.The Native Counselor in Okinawa -Modern Medicine and Folk Healing-
6.Home Delivery Drug System -Primary Care based on Market and Trust-

»教材をみる

4位

国鉄民営化とそのインパクト(総論編)
The Privatization Process of Japanese National Railways and Its Impact (Main Edition)

Japanese/English

この教材では、日本の都市鉄道運営手法を理解するためには欠かせない日本の国鉄改革、分割民営化に向けたプロセスに関する経験を紹介します。
日本の鉄道は1872年の開業以降、その運営上、3回の大きなシステムの変化を経験したと言われています。本教材では、最も大きなインパクトを与えたと言われている3度目の変化「国鉄改革(分割民営化)」に至るまでの歴史やそのプロセスによる変化を振り返り、都市鉄道分野における日本の経験をお伝えします。本教材は総論編と各論編の2編から構成されています。

This material introduces the experience of the reform of Japan's National Railways (JNR) and its privatization process, which is essential to understand the method of Japan's urban railways management.
Since its opening in 1872, Japanese railways are said to have undergone three major changes in the operation systems. In this material, we will look back on the history leading up to the third change "JNR reform (division and corporatization)" which is said to have had the greatest impact, the changes due to the process, and convey Japan's experience in the field of urban railways. This material consists of two parts, the main edition (for general information) and the supplemental edition (for the details).

»教材をみる

5位

SHEPアプローチ  ~動機づけ理論に基づく「市場志向型農業振興」~     SHEP Approach "Promotion of Farming as a Business" Based on Motivation Theory

Japanese/English
/French/Spanish
/Russian

本映像教材はJICA農業・農村開発分野における農業普及アプローチであるSHEP(市場志向型農業振興)について、そのコンセプトおよび実際の活動を4つステップに基づき説明していきます。
2006年にケニアで生まれたSHEPアプローチですが、その後アフリカ23ヶ国(2017年現在)に広まっています。SHEPアプロ―チを理解することを目的として教材を制作しました。すでにSHEPを活用している各国関係者のみならず、これからSHEPを初めて知る、他ドナー、大学等関係者向け、あるいは本邦研修や第三国研修で活用いただくことを想定しています。

This material explains JICA's SHEP Approach in the field of Agricultural and Rural Development. It looks at SHEP concept and its four essintial steps to be realize a Market-oriented Agriculture.
The material was created to publicize and disseminate the SHEP Approach which was born in Kenya in 2006. In recent years, it has already been implemented in 23 countries in Africa. Suggested uses for this material include other development agensies,universities, and training sessions in Japan and abroad.

»教材をみる

6位

交通需要予測とJICA STRADA(交通需要予測パッケージ)

Japanese

本教材は、JICA STRADAを用いた交通需要予測を実施するうえで必要な基本的知識をまとめたものであり、交通需要予測とは何か、需要予測にはどのような手法があるのか、需要予測に付随する外生条件の予測はどうするのか、そして需要予測関連ソフトウェアはどのように利用されているのかについて説明したものです。

»教材をみる

7位

農業技術パッケージ(JICA筑波)~唐箕の作り方と使い方~
JICA Tsukuba Agricultural Technology package - How to Make and Use a Manual Winnower -

English

本教材は、対象者の方々が途上国農民に対し技術指導をする際に使うことを想定しており、見ただけで「唐箕の作り方と使い方」を習得できる、大変分かりやすい内容構成になっています。マニュアルでは指導の難しい各種技術も、視聴覚教材とすることで、多様な人々が容易に理解することが出来ます。

唐箕は、稲や豆などを収穫した後に、収穫物を籾殻、わら、未熟粒等を選別する道具で、稲作栽培の盛んな日本で古くから使われてきた農業機械です。手回し式で風を送り選別することで、自然の微風を使う方法に比べ作業効率が格段に良く、また仕組みが簡単な上、軽量で持ち運びが可能なため、多くの開発途上国で行われている稲や豆の選別作業の省力化に大きく貢献することでしょう。

This material is made for use by JICA ex-training participants, JOCV and SV volunteers, and JICA experts, when they give instruction to farmers in developing countries. The structure are very easy to follow; it's possible to learn "How to Make and Use a Manual Winnower" just by watching and following the contents. Some techniques, which cannot easily be taught only through manuals, can be easily understood by various people through this audio-visual materials. The winnower is a tool used to separate the chaff, straw, and immature grain from rice or beans after harvest. In Japan, winnowers came to be used to separate rice in the latter half of of the 17th century in the Edo Period and made a great difference in the amount of labor required to separate post-harvest rice.

»教材をみる

8位

ヒロシマ復興からのメッセージ~復興における地方行政の役割と取組み~ A Message from the Reconstruction of Hiroshima- The Role and Actions of Localovernment in Reconstruction -

Japanese/English
/French/Spanish/Arabic

戦後復興における地方行政の役割、取り組みについて、広島県・市の経験や知見を紹介します。中でも、①復興の理念の形成と共有、②市長のリーダシップと行政官の信念、③復興の各段階に応じた切れ目のない移行、④国・県・市の協働、⑤住民と行政との協働というポイントに着目しています。
以下の4点を主な目的としています。
① 平和構築・復興関係の研修員:事前学習教材(講義で内容について深掘りする)
② 平和構築・復興関係以外の研修員:広島訪問予定者等に向けた情報提供(日本理解の一環)。平和に対する関心の惹起。
③ JICAボランティア:任地で開催する原爆展における活用
④ 職員及び連携団体:平和構築・復興に関する講座やシンポジウム等での活用

This material demonstrates the roles and activities of local governance in the process of reconstruction from the conflict from the experience of Hiroshima. Within this material, following features are particularly focused on, such as 1) Development and sharing of reconstruction vision 2) Political leadership by mayor and commitment by government officials 3) Seamless transition between each reconstruction phase 4) Collaboration between the national, prefectural and city governments 5) Collaboration between citizens and government

»教材をみる

9位

日本の母子栄養・食育の取組み―子どもたちの健やかないのちと学びのために― Maternal and Child Nutrition and SHOKUIKU in Japan ~ for health and well-being of children ~

Japanese/English/French

日本では、妊産婦健診、乳幼児健診、学校給食、健康診断などの場でそれぞれの目的で栄養・食育の取組みが行われています。特に日本人のライフステージのうち、人生早期(妊娠期から乳幼児健診、就学前・初等教育)に集中して栄養・食育の取組みが行われることで、日本人の高い健康意識や食習慣が、子どものうちから醸成されています。そしてこれらの取組みは法律・政策に基づいて、多職種によって有機的に支えられていることが特徴です。 SDGsゴール2にあるように、「すべての形態の栄養不良をなくす」ためには、また生活習慣病の予防のためにも、人生より早期からの栄養改善が必要であると言われています。この教材では、私たち日本人の各ライフステージに根付いている母子栄養と食育の取組みについて、その特徴とポイントを、30分に凝縮してお伝えします。

In Japan, nutrition intervention and SHOKUIKU are conducted for each respective purpose in such areas as maternal health checkups, infant health checkups, school lunch program, and general health checkups. In particular, by concentrating nutrition intervention and SHOKUIKU in the early stages of life (pregnancy, infancy, preschool and primary education periods), health literacy and healthy diet habit are fostered in Japanese children. These efforts are implemented through close cooperation among multiple professions based on relevant laws and policies. To achieve SDG Goal 2, to eliminate all forms of malnutrition, and to prevent diet-related noncommunicable diseases, nutrition intervention in early stage of life is important. This video provides charatteristics and key points of maternal and child nutrition and SHOKUIKU through life cycle of our Japanese people in 30 minutes.

»教材をみる

10位

熱帯地域における道路のわだち掘れ対策
Road Rutting Countermeasures in Tropical Regions

Japanese/English/French

コンサルタントおよび施工業者の舗装担当者、そして途上国の技術者に日本国内と異なる途上国における舗装技術の課題と対策問題を共有することを目的として、流動わだち掘れ対策、舗装に対する水の影響とその処理、特殊土壌等、熱帯諸国特有の事情への対処について、主としてJICA 事業の経験をもとに説明しています。
無償資金協力事業の協力準備調査で実施される道路設計の内、2010年前後に熱帯諸国を中心に破損事例が数多く報告された舗装工事を念頭に、舗装破損の再発防止と品質向上のため、共通課題解決策の共有を目的としています。

For sharing pavement technique and countermeasures in developing countries different from those in Japan with the consultants, the contractors and the engineers in developing countries, this material introduces how to deal with specific circumstances, such as flow rutting, the negative effect of water on pavement and explains special soil, based on the experience of JICA project.
This material has been compiled primarily with the objective of preventing reoccurrence of damage and improving quality of pavement works in light of the fact that, in road design works implemented within assistance preparatory surveys for grant aid projects, numerous cases of pavement damage were reported mostly in tropical countries around 2010.

»教材をみる

11位

人を変える技術協力 ~中米シャーガス病対策の歩みから~
Technical cooperation to change people ~ From the step of countermeasures against Chagas disease in Central America ~

Japanese/Spanish

User's Voice!
利用目的:青年海外協力隊技術補完研修「水の防衛隊」、「環境教育」、「シャーガス病対策」、「エイズ対策」、「コミュニティ開発」及び「地域看護」にかかる参考資料とするため。

この教材では、中南米に蔓延するシャーガス病に対するJICAの取り組みをホンジュラスとエルサルバドルの事例を通じて紹介します。日本人専門家や青年海外協力隊員ら日本側と相手国のカウンターパートが、どのように保健医療従事者、保健ボランティア、コミュニティ、学校等異なる立場の人々を巻き込んだのか、また持続性確保の工夫は何か、プロジェクト成功の要因を振り返ります。

"Cooperacion tecnica que transforma a la gente ~El progreso de las medidas contra el mal de Chagas Centroamerica~"
This material looks at JICA's work related to Chagas disease, which is rife in Central and South America. It examines projects undertaken in Honduras and El Salvador. Japanese experts and the JOCV worked with their local counterparts. Many groups-medical professionals, health volunteers, local communities and schools-were involved.
How did these various groups come together? And how did they execute successful, sustainable projects?
This material looks at these questions.

»教材をみる

12位

What is KAIZEN? あなたが変える医療の質
What is KAIZEN? Improving Quality of Healthcare

Japanese/English
/French/Spanish
/Arabic

カイゼンの概要と変遷、カイゼンの実施体制と7つのステップ、福岡県飯塚病院やタンザニア公立病院でのカイゼン活動等の紹介で構成され、大変理解しやすい内容となっております。 日本語・英語・フランス語・スペイン語・アラビア語の5ヶ国語対応。

This material describes the concept and overview of KAIZEN, the seven steps of KAIZEN and KAIZEN activities implemented at Iizuka Hospital in Japan and in public hospitals in Tanzania.

»教材をみる

13位

日本の生活改善の経験
The Lessons from Livelihood Improvement Experiences in Postwar Japan

Japanese/English
/French/Spanish
/Arabic/Sinhara
日本の生活改善の経験

User's Voice!
研修コースで使用するとともに、図書室内に排架して外国人研修員、施設スタッフ、一般の方の利用に供したい。JICA 札幌

この教材は、日本発の農村開発アプローチとして、日本の戦後の生活改善運動を概観し、日本の援助関係者が推進する援助業務の参考とすることを目的に制作しました。現在、各プロジェクトの中で生活改善のコンポーネントとして取り入れいる生活改善活動アプローチが単なる導入活動でしかない「改良かまど」が、社会的コンテクストを考慮しないまま採りいれられたり、収入向上が優先される目標であるとの理解から、生活改善と称して一挙に食品加工や手工芸を導入する向きがあります。 生活改善アプローチを正しく理解していただくために、日本の生活改善運動についての5つのキーワード(農村開発、貧困削減、生産と生活の両建ての働きかけ、参加型開発、行政と住民のシナジー)に基づき、生活改善活動へのアプローチ事例を通じて、理解を深められるよう構成しました。

This material was made for Japanese organizations that help developing countries as a reference for their assistance work. Currently, in each livelihood improvement project, there is a tendency to introduce improved kamados, as just an input activity, without considering the social context, and handicraft or food processing are introduced as a livelihood improvement project just because income improvement is the main objective. Therefore, this material is designed to deepen the understanding through example cases based on 5 key ideas: farm village development, poverty reduction, production activities compatible with the target group's lifestyle, participatory development, and synergetic effects between administrations and residents.

»教材をみる

14位

安全で幸せな出産のために~JICAの人間的なお産の取り組み~
For Safe and Happy Childbirth:JICA's Approach to Humanized Maternity Care

Japanese/English
/French/Portugese

本映像教材は、JICA母子保健分野における「人間的なお産」の取り組みについて、ブラジルとカンボジアのプロジェクトを通して説明していきます。1996年に実施したブラジル光のプロジェクト以来、アジア、アフリカを含む8か国において「人間的なお産」を実現するための取り組みを展開してきました。人間的なお産の取り組みとは何かを理解することを目的として、教材を制作しました。大学等における講義、シンポジウムやセミナー、本邦研修や第三国研修で活用いただくことを想定しています。また一般の方々にも幸せなお産とは何かを考えるきっかけとして、興味深くご覧いただける内容です。

This material explains JICA's Humanized Maternity Care approach in the field of maternal and child health, through the projects in Brazil and Cambodia.The material was created to publicize and disseminate the Humanized Maternity Care Approach which was started in Brazil in 1996. To date, JICA has brought such Humanized Maternity Care projects, which focus on improving midwifery care, to 8 countries. Suggested uses for this material include university lectures, symposiums, seminars and training sessions in Japan and abroad. Besides, this program is good for the general public to think about happy childbirth.

»教材をみる

15位

バンジールバンダン防災啓発ツール
Tools for Enlightening Banjir Bandang Disaster Prevention

Indonesian

バンジールバンダン(主に天然ダムの形成とその崩壊に起因する急激な増水を伴う洪水および土石流)の現象とその対策について分かりやすく紹介した防災啓発ツールで、用途に応じて、ポスター、バナー、ちらし、コミック、音声、映像があります。
インドネシアでは近年、地震、津波、火山、洪水といった自然災害が多発し、多くの生命、財産が失われていますが、バンジールバンダンもそうした自然災害のひとつです。 バンジールバンダンはいくつかの洪水・土砂災害形態をとりますが、中でも甚大な被害を引き起こすのが天然ダムの形成を伴う土石流です。これは、河川の狭窄部において発生した山腹崩壊が河道を塞ぎ、上流部に河川水を貯留し、水位・水圧の上昇により短時間に閉塞部を崩壊させ、下流に大規模な洪水・土石流をもたらす災害です。 これらの防災啓発ツールは、バンジールバンダン警戒避難体制の整備を目的として、住民の防災意識向上のために活用されています。

These materials are tools for enlightening disaster prevention that explain the phenomenon and countermeasures of Banjir Bandang (rapid rise of water level accompanied by flood and debris flow mainly related to natural dam's structure and collapse). They consist of poster, banner, leaflet, comic book, sound and video.
Indonesia has a lot of natural disasters such as earthquake, tsunami, eruption, landslide and so on. Banjir Bandang is one of the natural disasters and usually translated as flash flood in English. The Banjir Bandang occurs suddenly and flows down mixed with water, sand, rocks and so on. It happens due to a large-scale hillside collapse upstream of the river. These materials are utilized for establishing early warning and emergency measures for Banjir Bandang.

»教材をみる

16位

技術協力コンテンツ「日本の農民参加型灌漑管理組織」  Contents of Technical Cooperation "PARTICIPATORY IRRIGATION MANAGEMENT ORGANIZATIONS IN JAPAN"

Japanese/English
/Chinese/Russian
/Vietnamese/French
/Spanish/Arabic

本コンテンツは、日本の農民参加型灌漑管理組織である土地改良区の構造と機能を、途上国への技術移転に役立つように紹介しようとするものである。日本は、その気象・水文条件に制約されて、天水田では水稲栽培ができず灌漑が必須であった。そのため、縄文時代後期に水稲栽培が開始されて以来、灌漑が継続して行われてきた。発掘された多くの考古学的遺跡に見られるように、複数の農民によって共用されたと思われる灌漑施設が建設されて、この施設を利用する灌漑組織が存在していたことが伺える。すなわち、日本の長い歴史を通して磨きあげられてきた農民参加型灌漑管理について、最も主要な水利用者団体であり世界的に賞賛されている「土地改良区」を、それを支える重層的な地域農民灌漑管理組織を含めて紹介する。

This Content aims to contribute to transfer of participatory irrigation management (PIM) technologies to developing countries by introducing the structure and functions of the Land Improvement District (LID), a PIM organization in Japan. Since it is impossible to cultivate paddy-rice in rain-fed paddies in Japan because of the meteorological and hydrological constraints, irrigation is essential for wet-rice cultivation. Consequently, irrigation has been practiced since wet-rice cultivation was established in the late Jomon Period. Irrigation facilities presumably used by more than one farmer have been unearthed at many archeological sites. This fact suggests the existence of organizations to manage the operation and maintenance of these irrigation facilities in ancient times. In other words, the Content explains PIM systems in Japan which has been developed and improved throughout its long history using the internationally praised system of “Land Improvement Districts,” the most important water users’ organizations in Japan today, including a traditional hierarchy of local farmers’ irrigation management organizations which support the LID system.

»教材をみる

17位

小規模農民グループ支援のための有機農業技術普及
Extension of Organic Agriculture Techniques for Assistance to Small Scale Farmers' Groups

English/Spanish

本コンテンツでは、伝統的農業の再評価、内部資源循環、生産者と消費者の関係構築、「考える農民」の育成などに焦点をあて、小規模農民と共有できる教訓が取りまとめられています。 小規模農民が圧倒的な多数を占める途上国において、地域資源を有効利用する有機農業のニーズは高く、多くの地域で普及・試行が実践されています。しかしながら、資機材などの投入が限られた小規模農民を対象とした有機農業技術の開発は十分とは言えず、また脆弱な農業普及制度・体制の下、有機農業に取り組む小規模農民の自立的な発展を促す支援が求められています。本コンテンツが途上国の支援に携わる方々に活用され、小規模貧困農民支援の一助になれば幸いです。

In the developing countries, where small scale farmers occupy an overwhelming majority, the needs of organic farming are high and its trials are practiced in various regions, because of its effective practical use to local resources. However, it may be said that development of the organic farming technology is poor for the small scale farmers, who do not have enough mechanics or materials. So it is demanded to support their sustainable development in the viewpoint of organic farming system. This Contents focus on the relations construction of a relationship between producers and consumers, upbringing of "thinking farmers", and the lesson can be shared with small scale farmers are compiled.

»教材をみる

18位

SHEPアプローチ研修ダイジェスト
The SHEP Approach Training Digest

Japanese/English

「食べるため」から「稼ぐため」の農業への変革をもたらすSHEPアプローチは、日本の農業普及から多くのヒントを得て開発されました。この動画では、SHEPアプローチの概要と、各国で実施している活動や工夫について紹介します。
2019年に開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)では、「SHEP100万人宣言」が表明され、JICAでは2030年までに100万人の小規模農家にSHEPアプローチを活用した農業普及サービスを届けることを目標に掲げています。SHEPアプローチの実施者は課題別研修を中心に育成していることから、SHEP課題別研修の内容をダイジェストにまとめた映像教材を作成しました。遠隔でもSHEPアプローチを体系的に深く理解するツールとして活用され、世界中にSHEPのファンが増えることを期待しています。

The SHEP approach that successfully transforms farmers' mindsets from "grow and sell" to "grow to sell" was developed based on numerous insights acquired from agricultural extension in Japan. This material explains the concept of SHEP approach followed by various activities and their tips implemented in the world.
At the Seventh Tokyo International Conference on African Development (TICAD VII) held in 2019, "SHEP One Million Declaration" was made to expand the SHEP approach to one million farmers by 2030. The contents of this material are based on the JICA's SHEP training conducted in JAPAN to foster SHEP implementers. It is expected for the audiences to deepen understanding of the SHEP approach and become fans all over the world.

»教材をみる

19位

地方防災計画:行政と住民が一体となった取り組み~高知県黒潮町の場合~  Local Disaster Risk Reduction Plan:Creation and Implementation by Local Governments and Communities

Japanese/English
/Spanish

仙台防災枠組のなかでも2020年が目標達成年とされている、ターゲットE(国・地方防災計画が策定される国の数を増やす)に関する情報について、防災関連研修コースに参加するJICA研修員や技術協力プロジェクト関係者に効率的にポイントを伝えるためのツールとして作成されています。また国内外の防災協力関係者にJICAが進める防災協力を効果的に伝えることが期待されます。

This material formulate for the JICA participant to transfer the information of the target E of the Sendai Framework for DRR (target year will be 2020). At the same time, we expect that this material will be utilized the introduction of JICA's DRR Cooperation for the global related people.

»教材をみる

20位

日本の水産バリューチェーン
Fisheries Value Chain in Japan

Japanese/English

水産業が盛んな日本では、漁船から食卓までのいわゆるコールドチェーンにおいて様々な工夫がされている。鮮度と品質を保つため食品衛生検査やHACCPへの対応も進んでいる。そんな日本の水産バリューチェーンの様子を、水揚げ産地、産地卸売市場、輸入水産物、水産物加工、消費地卸売市場、小売を経て消費者に届くまでを図解やイラスト等を用いて説明していく。さらに水産バリューチェーンの新たな取り組みとして、鮮度管理への挑戦、6次産業化の取組、地域ブランドの創生や観光業との連携、エコラベルといった付加価値への取組などを紹介する。
本映像教材は、多様な漁獲物と消費形態を効率的にマッチングし、付加価値を創造する日本の水産 FVC の有効性及び特殊性と日本の事例を導入する場合の留意点について理解を深め、JICAの課題別/国別研修の現場視察の事前研修(背景、全体枠組の理解)、JICA 水産協力案件の形成時の参考情報、日本の水産開発の知見の国際発信に活用することを目的としています。

This material explains how Japanese fisheries increase the value of their products by focusing the points below. -Cold chain technology and distribution system from the fishing boat to the table of consumers -Safety, hygiene and quality inspection and HACCP -Marketing with fishermen's market, tourism collaboration, local branding and ecolabelling
The material was created to understand the seafood value chain in Japan that connects the multispecies fishery and highly sophisticated market with added value and how to apply those knowledge and experiences for the participants of JICA training courses and the counterparts of JICA projects.

»教材をみる

* 印の教材については利用許諾上、閲覧をJICA関係者に限定しております。 「複製とは?」

* Under copyright restriction, some contents are limited to JICA internal use only. "Application for Copies of Multimedia Contents"