Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧  JICA-Net マルチメディア教材活用事例〔長崎ウエスレヤン大学 10分で学ぶ「国際協力・ODA」〜授業のグループワークで教材を活用〜〕

長崎ウエスレヤン大学 10分で学ぶ「国際協力・ODA」〜授業のグループワークで教材を活用〜

長崎ウエスレヤン大学の「社会開発と教育」の授業で活用

長崎ウエスレヤン大学

2020年11月19日、長崎ウエスレヤン大学現代社会学部経済政策学科の専門教育科目、「社会開発と教育」第8回目の授業の中で、JICA-Netマルチメディア教材「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」を使用しました。
「社会開発と教育」では、講義やグループワークを通して社会開発や国際協力、援助の必要性やあり方、社会開発における教育の役割について学び、一市民として自分ができることを深めていくことを目標にしています。 第8回目の授業のテーマは「国際協力の現状を知り、その必要性と課題について考える」でしたが、日本の国際協力の現状についてODAを事例としてとりあげた際に、社会福祉学科と経済政策学科の学生24名が教材を視聴しました。



4つのテーマをコンパクトにまとめた教材

アフガニスタンにおける日本の支援。農業試験場を作り、農業従事者を育成しました。

「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」は、JICA事業の映像や、NHKや世界の報道映像及び独自のインタビュー映像を「難民」「イスラム」「国際協力・ODA」「教育」の四つのテーマに分けて、授業で使えるように10分程度に編集した映像を集めた教材です。
昨年度までは、国際協力の現状についてデータ資料などを用いて授業を行ってきましたが、日本が様々な国に支援をしていることは何となく理解できても、支援の必要性や課題をリアルに感じてもらうことが難しく表面的な理解にとどまっていました。学生により興味・関心をもってもらえるような視覚的に学べる教材や授業のアイデアをインターネットで探していたところ、こちらの教材に出会いました。映像があることで具体的にイメージがしやすくコンパクトに短くまとまっていることから、映像の合間にグループワークを入れるなど内容を深めやすいと考えました。



国際協力・ODAを考えるきっかけに

東日本大震災時の世界各国による炊き出し。163の国と地域、43の国際機関が日本のために尽力してくれました。

「社会開発と教育」の授業では、それまで開発教育の教材を使い、援助とは何か、そのあり方についてグループワークを通して学んできました。その内容をふまえ、今回の授業では国際協力・ODAとは何か、日本の国際協力・ODAの特徴やその役割と意義について、教材から「国際協力・ODAとは」「日本の国際協力・ODA事業の事例」「課題を共に解決する国際協力」の3つの映像を使用し、グループワークを通して考えていきました。
いずれの映像も長さが2〜3分と短く、「国際協力・ODAとは」では、現在、世界で多くの課題が存在すること、そしてその課題解決のためには国と国との協力が必要であることを提示し、「日本の国際協力・ODA事業の事例」では、アフガニスタンでの日本の支援の事例を紹介しています。「課題を共に解決する国際協力」では、日本の強みを生かした様々な支援のほかに、戦後復興期や東日本大震災で日本が他の国々や国際機関から支援を受けた例を挙げ、国際協力が決して一方的なものではないことを伝えています。



映像で身近に感じる国際協力

大学の授業での上映の様子。

授業の感想としては「相互に支援や協力をすることの必要性を理解することができた」や「日本も支援を受けていたことを初めて知った」などが上がりました。 貧困や紛争などの問題は日本とは関係ない遠い世界の出来事としてとらえられがちですが、日本とも関わりがあり決して無関係ではないこと、また、開発途上国でも先進国でも今起きている問題を改善していくには、様々な機関や人々が協力・連携しながら取り組んでいくことが重要であると認識することができたのではないかと感じています。
特に映像により、日本が支援している国の人々がどのような生活を送りどのような課題を抱えているのか、日本が支援することの意義、そして日本も他の国々から助けられていることなどがより身近に感じることができたと思います。
今回、学生の感想を読む中で、映像資料の有用性を改めて実感しました。今後もJICA-Netマルチメディア教材が、世界で起こっている様々な課題について考えるきっかけになることを期待しています。



菅原 良子
長崎ウエスレヤン大学
現代社会学部 経済政策学科 教授

*長崎ウエスレヤン大学は、2021年4月より「鎮西学院大学」に名称変更の予定です。

*このページで紹介している教材

「授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)」

JICA事業の映像や、NHKや世界の報道映像及び独自のインタビュー映像を、授業でそのまま使えるよう再編集した映像教材です。「難民」「イスラム」「国際協力・ODA」「教育」の四つのテーマを、それぞれ10分程の映像にまとめました。 下記のサイトにも詳細を掲載しておりますので、ご参照ください。 https://www.jica.go.jp/hiroba/program/practice/education/video/index.html

詳細をみる

YouTube

TOPへ