Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 2020年度制作 JICA-Net新作マルチメディア教材

2020年度制作JICA-Net 新作マルチメディア教材

2020年度に新たに制作された3教材をご紹介いたします。

日本の公務員制度

本教材では日本の公務員制度(任用、人事評価、退職管理等)の特徴をインフォグラフィックスや画像・動画を通して説明する。本教材はJICAプロジェクト・研修プログラム関係者が日本の公務員制度についての理解を深めることを主目的としている。また、本教材はJICAが発行した「公務員人事改革(英語版)」と合わせて利用されることを想定している。

分野課題:
ガバナンス
言語:
  • Japanese
  • English

詳細をみる

日本の水産バリューチェーン

水産業が盛んな日本では、漁船から食卓までのいわゆるコールドチェーンにおいて様々な工夫がされている。鮮度と品質を保つため食品衛生検査やHACCPへの対応も進んでいる。そんな日本の水産バリューチェーンの様子を、水揚げ産地、産地卸売市場、輸入水産物、水産物加工、消費地卸売市場、小売を経て消費者に届くまでを図解やイラスト等を用いて説明していく。さらに水産バリューチェーンの新たな取り組みとして、鮮度管理への挑戦、6次産業化の取組、地域ブランドの創生や観光業との連携、エコラベルといった付加価値への取組などを紹介する。

分野課題:
水産
言語:
  • Japanese
  • English

詳細をみる

日本の母子栄養・食育の取組み―子どもたちの健やかないのちと学びのために―

日本では、妊産婦健診、乳幼児健診、学校給食、健康診断などの場でそれぞれの目的で栄養・食育の取組みが行われています。特に日本人のライフステージのうち、人生早期(妊娠期から乳幼児健診、就学前・初等教育)に集中して栄養・食育の取組みが行われることで、日本人の高い健康意識や食習慣が、子どものうちから醸成されています。そしてこれらの取組みは法律・政策に基づいて、多職種によって有機的に支えられていることが特徴です。
SDGsゴール2にあるように、「すべての形態の栄養不良をなくす」ためには、また生活習慣病の予防のためにも、人生より早期からの栄養改善が必要であると言われています。この教材では、私たち日本人の各ライフステージに根付いている母子栄養と食育の取組みについて、その特徴とポイントを、30分に凝縮してお伝えします。

分野課題:
保健医療
言語:
  • Japanese
  • English

詳細をみる

TOPへ