Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 「マルチメディア教材」アクセスランキング!【2018年 7月】

「マルチメディア教材」人気ランキング!【2018年 7月集計結果】
"Multimedia-based Learning Material" Hot ranking July 2018

をクリックすると教材の概要や、User's Voiceが表示されます。教材名のリンクから ライブラリ のページに飛びます。

Click the arrow icon (as the biginning), may refer the summary of the content. To browse the content itself, click the title URL linked.

「沖縄の保健医療の経験シリーズ」2  6編
"The Okinawan Experience in the sector of health system" series2 -- 6films

English/Japanese

本教材は、沖縄県における戦後復興期の保健課題の取り組みを紹介するもので、シリーズ1の内容をより具体的に採り上げています。以下6タイトルで構成されています。
1.沖縄の公衆衛生看護婦〜実践編  結核〜沖縄式DOTSの展開
2.寄生虫ゼロ作戦を開始せよ!  〜沖縄寄生虫予防協会の役割と発展〜
3.明日の希望を育てるために  〜沖縄県小児保健協会の活動〜
4.沖縄の医療保険のあゆみ  〜皆保険達成までの経緯〜
5.沖縄にみる“野のカウンセラー”  〜現代医療と民俗治療〜
6.沖縄の配置家庭薬システム  〜信頼が作り上げた“一次医療”〜

Tthis DVD contains 6 titles as below which introduce measures for health reconstruction after the WW2 in Okinawa and add detail examples on 'Series 1'.
1.Public Health Nurse in Okinawa -Successfully Fighting Tuberculosis-
2.The Zero Parasites Campaign -Development and success of the Okinawa Parasite Control Association-
3.Helping the Next Generation Fulfill Its Promise -MCH activities by the Okinawa Society of Child Health-
4.History of Health Insurance in Okinawa -Towards Universal Coverage-
5.The Native Counselor in Okinawa -Modern Medicine and Folk Healing-
6.Home Delivery Drug System -Primary Care based on Market and Trust-

»教材をみる

ジェンダー主流化への取り組みの好例 〜タンザニアKATC2〜
IA Good Practice of Gender Mainstreaming for Project Management -KATC2 in Tanzania-

English/Japanese
/Spanish

User's Voice!
主にインパクト評価関連の研究所プロジェクト、新規研究案件の構想のための参考資料として活用。JICA研究所で実施している研究案件と実際のJICAプロジェクトをより強くつなぐための資料・教材として、研究所内関係者で使用する。 JICA 研究所

ジェンダー主流化の好事例である「タンザニアキリマンジャロ農業技術者訓練センター計画フェーズ2」を対象に、同プロジェクトにおけるジェンダー主流化のための取り組みを紹介します。 具体例として、女性の参加を促すために研修参加者の男女比を半々に固定し、積極的な女性の参加を求めたこと、農業技術のほかに、改良かまどや家計管理など、女性が関心を持ちやすい研修コースを設けたことなどのポイントがわかりやすく解説されており、他のプロジェクトにおいてジェンダー配慮の視点を取り入れる際の参考として活用することが可能です。

This material introduces our efforts in the "Kilimanjaro Agricultural Training Centre Phase II Project Fields" as a good example of tackling the problem of streaming gender. Specifically, we produce exactly the same number of male and female joining workshops in order to promote women's participation. We also set up courses that are of particular interest to women, such as improved cooking stoves and home economics other than the agricultural technology course. This material can be used as a reference to propagate the idea of gender equality in other projects.

»教材をみる

授業で使える10分映像集(難民・イスラム・国際協力・教育)
Teaching materials for school about "Refugees", "Islam", "Official Development Assistant" and "School Education"

Japanese

User's Voice!
今後も、このような映像があれば積極的に活用をしていきたいです。今回はありがとうございました。 横浜国立大学教育学部附属鎌倉中学校 教諭

JICA事業の映像や、NHKや世界の報道映像及び独自のインタビュー映像を、授業でそのまま使えるよう再編集した映像教材です。「難民」「イスラム」「国際協力・ODA」「教育」の四つのテーマを、それぞれ10分程の映像にまとめました。

»教材をみる

4位

SHEPアプローチ  〜動機づけ理論に基づく「市場志向型農業振興」〜     SHEP Approach "Promotion of Farming as a Business" Based on Motivation Theory

English/Japanese

本映像教材はJICA農業・農村開発分野における農業普及アプローチであるSHEP(市場志向型農業振興)について、そのコンセプトおよび実際の活動を4つステップに基づき説明していきます。
2006年にケニアで生まれたSHEPアプローチですが、その後アフリカ23ヶ国(2017年現在)に広まっています。SHEPアプロ―チを理解することを目的として教材を制作しました。すでにSHEPを活用している各国関係者のみならず、これからSHEPを初めて知る、他ドナー、大学等関係者向け、あるいは本邦研修や第三国研修で活用いただくことを想定しています。

This material explains JICA's SHEP Approach in the field of Agricultural and Rural Development. It looks at SHEP concept and its four essintial steps to be realize a Market-oriented Agriculture.
The material was created to publicize and disseminate the SHEP Approach which was born in Kenya in 2006. In recent years, it has already been implemented in 23 countries in Africa. Suggested uses for this material include other development agensies,universities, and training sessions in Japan and abroad.

»教材をみる

5位

世界で輝く草の根の仲間 〜JICA草の根技術協力事業の現場から〜
Introduction to JICA Partnership Program (JPP)

English/Japanes

草の根技術協力事業の案件現場からの発信の強化及び、より多くの団体に参加していただくため、潜在的に同事業への関心があり応募を検討している層の目線で発信する映像資料を以下の点を含めて制作しました。
1.草の根技術協力事業の目的、応募の仕組み
2.草の根技術協力事業の現場での活動イメージ、方法と成果、連携の意義
3.参考情報へのアクセス方法
国内外での草の根技術協力事業説明会、各種イベント・セミナー地球ひろば他JICAプラザ閲覧情報、市民参加ホームページ上で発信がされ、同事業への理解が進み事業提案がされることを期待しています。

JICA has been implementing the JCA Partnership Program (JPP) since 2002 in collaboration with Japanese development partners, mainly NGO's Local Governments, Universities. In order to promote the JPP through appropriate understanding of the program and cinditons, the film has been produced. The scenes from the selected JPP projects in Combodia, India and Kenya are being futured in the film.

»教材をみる

6位

東日本大震災からの復興における東松島市の取り組み
Higashimatsushima City's Reconstruction Efforts from the Great East Japan Earthquake

English/Japanese

1,100名を超える人命を失い、97%の家屋が損傷するという甚大な被害の後、2011年4月には復旧・復興指針、同12月に復興まちづくり計画を市民に示した東松島市。
震災前から継続されていた「行政と市民が協働する」仕組みを、速やかな復興に繋げた行政の取り組みを概観する。

Higashimatsushima(HM) City suffered 1,110 earthquake-related deaths and 97 percent of all homes in the city were damaged in March 2011. HM City formulated Guidelines for Recovery and Reconstruction a mere month, in April 2011 after the earthquake and formulated Reconstruction plan in December. This material overviews "Citizen collaborative community building" initiative and city government's efforts for quick recovery.

»教材をみる

7位

アジアの高齢化に挑む JICAの高齢者介護・福祉への取り組み  The Challenge of an Aging Society in Asia:The JICA Approach to Long-term Care / Welfare Services for the Elderly

English/Japanese

本教材は、JICAが行う高齢化対策分野の協力を紹介するため、アジア地域が直面する高齢化の現状、日本を例にとった高齢化に伴う課題と必要な対策、及び、タイの介護分野におけるJICAの協力事例や日本の自治体・民間企業との連携事例について、紹介するものです。

This video material introduces current status of the aging population in Asia, challenges and measures which Japan experienced, and JICA's long-term care project for elderly in Thailand including partnership program with Japanese local govrnment and private companies.

»教材をみる

8位

JICAによる法整備支援 〜社会を支える『ルールづくり』への貢献〜
JICA's Cooperation for Rule of Law Promotion - Serving to Make Rules for a Better Society -

English/Japanese

本映像教材はJICA法整備支援分野の取り組みについて、具体的な事例を紹介しながら、協力の意義や内容、国内外における取り組みにつき、説明しています。

This material introduces JICA's cooperation for Rule of Law Promotion showing objectives and activities of the cooperation at domestic and international stage.

»教材をみる

9位

日本の災害経験と仙台防災枠組への反映
Japan's Disaster Experiences Reflected in the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction

English/Japanese

2015年に策定された防災の国際潮流である仙台防災枠組には、@事前投資の重要性、A防災の主流化、Bビルド・バック・ベター等、日本の提言が数多く盛り込まれています。日本がこれらを提言した理由を、日本の代表的な災害経験とその教訓を紹介しながら解説します。

The Sendai Framework for DRR - a global disaster risk reduction trend formulated in 2015 - includes a lot of Japan's suggestions. Importance of DRR investment, strenghening the capacity of DRR organizations, Build Back Better are the representative ones. The video shows why Japan advocated such things through the explanation of Japan's typical disasters and lessons learnt from those.

»教材をみる

10位

地方防災計画:行政と住民が一体となった取り組み〜高知県黒潮町の場合〜  Local Disaster Risk Reduction Plan:Creation and Implementation by Local Governments and Communities ~Case Study of Kuroshio Town, Kochi Prefecture, Japan~

English/Japanese

仙台防災枠組のなかでも2020年が目標達成年とされている、ターゲットE(国・地方防災計画が策定される国の数を増やす)に関する情報について、防災関連研修コースに参加するJICA研修員や技術協力プロジェクト関係者に効率的にポイントを伝えるためのツールとして作成されています。また国内外の防災協力関係者にJICAが進める防災協力を効果的に伝えることが期待されます。

This material formulate for the JICA participant to transfer the information of the target E of the Sendai Framework for DRR (target year will be 2020). At the same time, we expect that this material will be utilized the introduction of JICA's DRR Cooperation for the global related people.

»教材をみる

11位

より良い防災のための災害統計
Disaster Statistics for Disaster Risk Reduction

English/Japanese

本教材では、効果的な防災施策の立案実施及び仙台防災枠組の実施モニタリングにおける災害統計の意義や重要性を、日本や世界の事例などを踏まえながら解説します。

This video explains the significance and importance of disaster statistics in planning and implementation of effective disaster risk reduction measures and the Sendai Framework Monitoring based on the examples of Japan and the world.

»教材をみる

12位

コンゴ民主共和国「キンシャサ保健人材センター(INPESS)」紹介
Presentation of INPESS (Institut Presentation of INPESS (Institut National Pilot d'Enseignement des Sciences de Sante)~

French

INPESS紹介のビデオおよびTVコマーシャル2種の3部構成。INPESS設立趣旨、ミッション、ビジョン、各学科について説明している。また、INPESSの活動、学校施設、場所、教育内容などをわかりやすく紹介している。

1)INPESS紹介TVコマーシャル用ビデオ
  INPESSの活動と学校施設、場所、応募者のコンタクト先などの紹介。
2)INPESS紹介TVコマーシャル
  寸劇風にINPESSのこと、取得できる資格、年齢に関係なく入学できることなどを説明。
3)INPESS紹介ビデオ
  JICAコンゴ民主共和国事務所長によるINPESS設立趣旨の説明。
  INPESS学校長によるINPESSのミッションとビジョンの説明。
  各学科長による各学科の説明。

»教材をみる

13位

みんなの学校が開く未来
"School for All" opens the way to the future

Japanese/English
/French

本映像教材はJICA事業として「みんなの学校プロジェクト」の果たしてきた役割と成果を、一般向けにグローバルにアピールする媒体としての一般教材(一般向けおよび関係者向け)と、現在実施中または今後実施予定のプロジェクト活動において、類似の活動や成果をプロジェクト関係者が研修時に容易に理解し、活動を推進できるよう研修教材(4種類)の計6部構成となっています。

This material explains the "School for All" project. It looks at three basic aspects: the why ("objective"), what ("focus") and how ("approach") of JICA's cooperation with partner countries. And it consists of two contents, one is public information, the other is training materials for who are interested or start the school for all project.

»教材をみる

14位

交通需要予測とJICA STRADA(交通需要予測パッケージ)

Japanese

本教材は、JICA STRADAを用いた交通需要予測を実施するうえで必要な基本的知識をまとめたものであり、交通需要予測とは何か、需要予測にはどのような手法があるのか、需要予測に付随する外生条件の予測はどうするのか、そして需要予測関連ソフトウェアはどのように利用されているのかについて説明したものです。

»教材をみる

15位

世界で唯一の研修「博物館とコミュニティ開発」
The World's Only Museums and Community Development Course

English/Japanese

本教材はJICAが1994年より国立民族学博物館と実施し、博物館運営を総合的にカバーする研修として、また研修を通じて世界的なネットワークを構築する研修としては世界唯一である課題別研修「博物館とコミュニティ開発」の内容や成果について紹介する教材です。

JICA conducts the training program "Museums and Community Development" in collaboration with National Museum of Ethnology since 1994, which covers comprehensive museum management know-hows and techniques, and has built and expnaded worldwide professional museum network. In this regard, this is the only training of its kind in the world. This material explains the contents and achievements of the training program.

»教材をみる

16位

小規模農民グループ支援のための有機農業技術普及
Extension of Organic Agriculture Techniques for Assistance to Small Scale Farmers' Groups

English/Spanish

本コンテンツでは、伝統的農業の再評価、内部資源循環、生産者と消費者の関係構築、「考える農民」の育成などに焦点をあて、小規模農民と共有できる教訓が取りまとめられています。 小規模農民が圧倒的な多数を占める途上国において、地域資源を有効利用する有機農業のニーズは高く、多くの地域で普及・試行が実践されています。しかしながら、資機材などの投入が限られた小規模農民を対象とした有機農業技術の開発は十分とは言えず、また脆弱な農業普及制度・体制の下、有機農業に取り組む小規模農民の自立的な発展を促す支援が求められています。本コンテンツが途上国の支援に携わる方々に活用され、小規模貧困農民支援の一助になれば幸いです。

In the developing countries, where small scale farmers occupy an overwhelming majority, the needs of organic farming are high and its trials are practiced in various regions, because of its effective practical use to local resources. However, it may be said that development of the organic farming technology is poor for the small scale farmers, who do not have enough mechanics or materials. So it is demanded to support their sustainable development in the viewpoint of organic farming system. This Contents focus on the relations construction of a relationship between producers and consumers, upbringing of "thinking farmers", and the lesson can be shared with small scale farmers are compiled.

»教材をみる

17位

どうなる、どうする、身近なエイズ  〜あなたの赴任国とHIV/AIDS〜

Japanese

User's Voice!
以前に「元カレの元カノの元カレを知っていますか」というエイズ啓蒙のキャッチコピーを見たことがあり、かなりぞくりとしたことがあります。そのためある程度調べてはいたのですが、今回、知識のブラッシュアップができてよかったです。貴重な機会をありがとうございました。 JICA シニアボランティア

「HIV/エイズ」は、性という全ての人に関わる行動に深く関与しており、また、差別・偏見の問題があるため、感染症対策としてだけではなく、セクターを越えた包括的な取り組み強化と全ての人々に正しい理解が求められています。特に流行地域では、JICA関係者が感染者と直接接する機会も多く、どのように対応していったらよいかの理解が必要です。また、エイズ対策を目的としていない事業(保健医療分野)でもエイズ対策に資する活動を積極的に含めてゆくことが必須となっています。
背景と目的: 本教材では、HIV/エイズについて正しい理解し、今後の活動に役立てていただくことを目的とします。

People in developing countries are living in the presence of HIV/AIDS. HIV/AIDS impinges on the lives of more people in developing countries than we can imagine. How would you feel if someone close to you or at work had contracted HIV? What can you do about it?
This instructional material was created for the purpose of enabling people who are involved in international cooperation to gain an accurate understanding of HIV/AIDS, and to not only protect themselves, but to carry out activities from the perspective of considering HIV/AIDS. Please join us as we explore what we can do to help.

»教材をみる

18位

日本の生活改善の経験
The Lessons from Livelihood Improvement Experiences in Postwar Japan

Japanese/English
/French/Spanish
/Arabic/Sinhara
日本の生活改善の経験

User's Voice!
研修コースで使用するとともに、図書室内に排架して外国人研修員、施設スタッフ、一般の方の利用に供したい。JICA 札幌

この教材は、日本発の農村開発アプローチとして、日本の戦後の生活改善運動を概観し、日本の援助関係者が推進する援助業務の参考とすることを目的に制作しました。現在、各プロジェクトの中で生活改善のコンポーネントとして取り入れいる生活改善活動アプローチが単なる導入活動でしかない「改良かまど」が、社会的コンテクストを考慮しないまま採りいれられたり、収入向上が優先される目標であるとの理解から、生活改善と称して一挙に食品加工や手工芸を導入する向きがあります。 生活改善アプローチを正しく理解していただくために、日本の生活改善運動についての5つのキーワード(農村開発、貧困削減、生産と生活の両建ての働きかけ、参加型開発、行政と住民のシナジー)に基づき、生活改善活動へのアプローチ事例を通じて、理解を深められるよう構成しました。

This material was made for Japanese organizations that help developing countries as a reference for their assistance work. Currently, in each livelihood improvement project, there is a tendency to introduce improved kamados, as just an input activity, without considering the social context, and handicraft or food processing are introduced as a livelihood improvement project just because income improvement is the main objective. Therefore, this material is designed to deepen the understanding through example cases based on 5 key ideas: farm village development, poverty reduction, production activities compatible with the target group's lifestyle, participatory development, and synergetic effects between administrations and residents.

»教材をみる

19位

村落衛生改善への取り組み〜持続的な衛生プロジェクトの形成のために〜  Efforts to Improve Rural Sanitation and Hygiene 〜Sustainable Project Formulation〜

Japanese/English
/French

User's Voice!
利用目的:実施中の技プロ「村落給水事業実施・運営維持管理能力強化計画フェーズ2」では、地方給水施設の持続的な利用を促進するために、地方自治体からコミュニティへの支援サービスの能力強化を目指しており、同プロジェクト活動において利用予定。 JICA タンザニア事務所

この教材「村落衛生改善への取り組み〜持続的な衛生プロジェクトの形成のために〜」では、村落衛生分野における支援に取り組む上で、基本的な知識・援助の潮流を学び、プロジェクト形成時の留意点等を理解し、今後の活動に役立てて頂くことを目的に作成したものです。これから開発途上国の村落衛生分野での活動に取り組む人を対象としていますが、自己学習あるいは技術研修のツールとして、同様のプロジェクトに関係する援助関係者にも広く活用して頂けることを期待しています。

This multimedia-based learning material "Efforts to Improve Rural Sanitation 〜Sustainable Project Formulation〜" gives the basic knowledge on the trend of assistance and shows the notes at the time of the project formulation, for those who participate in the rural sanitation and hygiene sector, and eventually guide you through your future works. This material basically targets the people working on the rural sanitation and hygiene fields in the developing countries, but also hopes to be of help for the aid parties in the similar projects as the self-study and the technical training tools.

»教材をみる

20位

アグロフォレストリー  森をつくる農業  〜アマゾン熱帯林との共存〜    "Agroforestry," agriculture that cultivates forest
- Producing in harmony with nature of the Amazon -

Japanese/English
/Spanish/Portuguese

User's Voice!
利用目的:RIO+20ジャパンパビリオン来場者への広報。(中略)2008年と、昔のものですが、時を経てなお活用できるものですので、こうしたマルチメディア教材が充実しており大変たすかります。 また、こうした視聴覚教材があると、ポスターだけの展示と違い、集客力もあり、かつ、わかりやすいため今後も活用したいと考えています。 JICA本部

この農法で栽培されたカカオを使った「アグロフォレストリーチョコレート」が、株式会社明治から発売され、CMの映像提供を行いました。   »詳細はこちら

熱帯雨林の減少が世界的に危惧される中、森林保全と農業経営を両立させる「森をつくる農業(アグロフォレストリー)」技術が注目されています。アグロフォレストリーとは、熱帯雨林にカカオ、コショウ、パッションフルーツ等の熱帯作物を混植し、森林生態系を維持しながら農業経営を行う技術です。生産された農産物は加工され、外国市場へも輸出されています。JICAは長年にわたりアグロフォレストリー技術の開発や普及面で支援をおこなっています。 本教材はアマゾン地帯のアグロフォレストリーの歴史や技術を具体的に紹介し、関係者の理解を深めることを目的としています。

With global concern for the depletion of rain forests, we turn our attention to the technology of "Agroforestry," which can refer to simultaneous agriculture and forestry, or to a combination of forest preservation with farm management. This technology encourages the planting of tropical plants such as cacao, pepper, and passion fruit together in the rain forests, and enables management of farming while also sustaining forest ecosystems. Harvested crops are processed and exported to foreign markets. JICA has long been supporting the development and uptake of Agroforestry technology. This material explains in greater detail the history and technology of Agroforestry in the Amazon area, and aims to ensure the relevant persons understand Agroforestry.

»教材をみる

* 印の教材については利用許諾上、閲覧をJICA関係者に限定しております。 「複製とは?」

* Under copyright restriction, some contents are limited to JICA internal use only. "Application for Copies of Multimedia Contents"