Home JICA-Netとは 利用ガイド 活用事例
ホーム TOPICS一覧 「マルチメディア教材」複製ランキング!【2018年度】

「マルチメディア教材」人気ランキング!【2018年度集計結果】
"Multimedia-based Learning Material" Hot ranking FY2018

をクリックすると教材の概要や、User's Voiceが表示されます。教材名のリンクから ライブラリ のページに飛びます。

Click the arrow icon (as the biginning), may refer the summary of the content. To browse the content itself, click the title URL linked.

SHEPアプローチ  〜動機づけ理論に基づく「市場志向型農業振興」〜     SHEP Approach "Promotion of Farming as a Business" Based on Motivation Theory

Japanese/English
/French

本映像教材はJICA農業・農村開発分野における農業普及アプローチであるSHEP(市場志向型農業振興)について、そのコンセプトおよび実際の活動を4つステップに基づき説明していきます。
2006年にケニアで生まれたSHEPアプローチですが、その後アフリカ23ヶ国(2017年現在)に広まっています。SHEPアプロ―チを理解することを目的として教材を制作しました。すでにSHEPを活用している各国関係者のみならず、これからSHEPを初めて知る、他ドナー、大学等関係者向け、あるいは本邦研修や第三国研修で活用いただくことを想定しています。

This material explains JICA's SHEP Approach in the field of Agricultural and Rural Development. It looks at SHEP concept and its four essintial steps to be realize a Market-oriented Agriculture.
The material was created to publicize and disseminate the SHEP Approach which was born in Kenya in 2006. In recent years, it has already been implemented in 23 countries in Africa. Suggested uses for this material include other development agensies,universities, and training sessions in Japan and abroad.

»教材をみる

日本の教育経験
The History of Japan's Educational Development
*

English/Japanese
/French/Spanish
日本の教育経験

User's Voice!
利用目的:課題別研修「アジア地域  授業研究による教育の質的向上」研修で、同教材を活用。 JICA 東京

「近代以降から現代まで、日本の教育がどのように発展・拡充してきたか」を、社会的背景を踏まえて120点余りの写真とともに日本の教育通史をビデオで解説します。JICA教育専門家が現地で活用することを主目的とし、「日本の教育」についての説明を行う際に使用したり、教育協力を実施するうえでの基礎知識の普及に役立てます。本教材を用いることで、「日本の教育」の背景や変遷に対する理解を高めることを狙いとしています。

The video introduces how Japan's education has been developed and expanded since the 19th century with showing approximately 120 pictures. The main purpose is to show the background and transition of education in Japan. It enables JICA education specialists to utilize this video in their dispatched fields when Japan's education is explained to their counterparts, or its basic knowledge is needed to be introduced as educational cooperation.

»教材をみる

SDGs達成に向けたJICAの取り組み
JICA's Actions Toward Achieving the SDGs

English/Japanese

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)。国内外のあらゆるアクターがその達成に向けて活動しているこの目標に、JICAも様々なアプローチとアクターとの連携のもと取り組んでいます。本教材では、JICAのSDGs達成に向けた取り組み方針と取り組みの具体例(途上国政府のSDGs計画策定支援、民間セクターとの連携、青年海外協力隊員の活動など)や、SDGsをわかりやすく解説するアニメなどを、用途に応じ再生可能なチャプターに分け紹介しています。国際協力に携わる関係者、国際協力を志す方が、SDGとJICAの取り組みについて具体的なイメージを持って理解できるよう工夫されており、途上国及び日本で開催される各種セミナー、会議、教育現場での活用とともに、JICA事業広報映像としても活用可能です。

Regarding Sustainable Development Goals(SDGs): like many actors already started their actions both within and outside Japan, JICA has been active in various areas through innovative approaches. This DVD contains JICA's actions and concrete practices toward achieving the SDGs, such as supporting formulating national SDGs plan in developing countires, partnership with private sector, volunteer activities in overseas and so on. The DVD also contains an animated cartoons that illustrate what is sustainable development. It will be welcome that JICA and people who are engaged in development assistance deepned their knowledge related to the SDGs. Furthermore, this material can be used for JICA's PR activivites in varitey of seminars, meetings and school teachings when the theme are related to the SDGs.

»教材をみる

4位

教える者が学びあう―日本の教員研修制度と授業研究―
Teachers Learning Together - Japanese Teacher Training System and Lesson Studies-
  *

Japanese/English
/Spanish/French/Arabic
教える者が学びあうー日本の教員研修制度と授業研究ー

User's Voice!
利用目的:現在モンゴルで実施中の子供中心の教育プロジェクトでの活用と、プロジェクトにあわせて現場に展開中のJOCVの支援をするために使用する。JICA モンゴル事務所

この教材は、行政が実施している日本の教員研修制度の概要を解説した「制度編」、教師自身が授業を実践する力を養う授業研究の意義や取組む姿勢、授業研究を可能にしている仕組みを解説した「実践編」の二部構成になっています。特に実践編では一人の教師に焦点をあて、授業計画、授業実施、授業検討という授業研究のプロセスに沿って研究授業を紹介しています。―教師自身が学び続けることにより、授業が良くなる。授業が良くなれば子どもは喜びを感じる。その子どもの喜ぶ姿から教師は次の活力が沸いてくる―。そんな子どもと教師の成長の様子を描いています。また授業研究を実施する上での各種参考資料も添付していますので、併せてご活用ください。

This video consists of two sections. The first section, called the System Section, provides an overview and explanation of the in-service teacher training system in Japan. The second section, called the Practice Section, explains the significance and perception of lesson studies and the system that makes them possible. The Practice Section focuses on one teacher and introduces a lesson study from lesson planning to lesson implementation and reflection upon the lesson. The continual process towards learning by teachers results in better lessons and happier students whose enthusiasm in turn energizes the teacher. This section focuses on the development of the students as well as the teacher.

»教材をみる

5位

日本の保健医療行政
Health Medical Care System in Japan

English

User's Voice!
グアテマラ国「ケツァルテナンゴ県、トトニカパン県、ソロラ県母とこどもの健康プロジェクト」において本邦研修の講義に使用、また研修員に配布する。更に同プロジェクトの指導等に活用する為、専門家に配布する。 JICA 人間開発部
"I thoroughly enjoyed learning about the transition of the health system of Japan from postwar to the current status. Thank you for making this available to us! I hope that my country will one day improve to the current status of Japan."サモア国家保健省カウンターパート(TIC研修員)

多くの本邦研修において日本の保健医療行政体制についての講義があるが、研修科目に関連する一部でしかなく、総論的な保健行政システムを学ぶものではありません。また、特に説明のないまま日本国内の保健医療施設を視察する場合もあり、研修員が自国の行政体制と異なるために困惑する状態になることも珍しくありません。よって、この教材により、日本の保健医療行政の体系、仕組み、組織の役割・機能などの概観を分かりやすく説明することにより、研修員が保健医療行政体制を正確に理解することを促進します。

Many training courses in Japan have a session on health and medical care system of Japan, however , most of the lectures focus on the specific field of the system e.g. maternal and childhealth, infectious diseases control etc and these lectures don't provide general scope.There are cases in which training participants in the field of health visit health or/and medical instituions in Japan without enough knoeledge about them and thus fail to fully take advantage of those site visits.

»教材をみる

6位

大山を構築する 〜地方開発の代替的アプローチ〜
Constructing Oyama -An Alternative Approach for Rural Development-

English/Spanish
大山を構築する〜地方開発の代替的アプローチ〜

「本メディア教材は、大山町の開発の取り組みについて、実践者へのインタビューをもとに、当時の映像や画像を織り交ぜて編成されました。大山の夢づくり(梅栗植えてハワイへ行こう)、夢をカタチにするための実施機関と集合的活動の事例紹介、そしてひとづくりを通した住民の意識改革の変遷の3部構成となっています。住民の意欲を引き出すためのしくみと開発の流れがわかりやすく説明されています。

Based on the interviews with practitioners, the materials; video and images of the old Oyama regarding the efforts in the development of Oyama were edited. It consists of three main chapters; Searching for a dream (Let's plant Plums and Chestnuts and go to Hawaii), Achieving objectives (Implementation organizations and collective activities), and Human Resource Development (Changing Mindsets).

»教材をみる

7位

地域主体の内発的地域開発
Endogenous Regional Development through Community Initiatives)

English/Spanish

地域固有の資源(自然、人的、物的、金融、社会関係資本等)をベースとして、地域固有の伝統、文化、培かわれた技術を活用しながら、地域住民の主導により進められる持続可能な発展パターンを内発的地域開発(Endogenous Regional Development, EnRD)と呼び、これに対して、地域外の資源・資本を導入して主に工業化を目指す発展パターンを、外発的地域開発(Exogenous Regional Development, ExRD)と呼びます。この教材「地域主体の内発的地域開発」は、大分県旧大山町、大分一村一品、大分県旧湯布院町、岐阜県旧明宝村、愛知県旧足助町、北海道池田町といった日本の代表的な事例を通じて、内発的地域開発のプロセスをわかりやすく紹介しています。

The process of regional development promoted by the initiative of local people using local resources, including natural, human, physical, and financial resources, and social capital, based on local culture, traditions, and skills is referred to as Endogenous Regional Development (EnRD), while the process of regional development promoted by governments utilizing outside resources with legal controls and technical innovation is called Exogenous Regional Development (ExRD). This material introduces the process of EnRD by presenting Japanese case examples, including that of former Oyama Town, Oita Prefecture; One Village One Product Movement(OVOP); former Yufuin Town, Oita Prefecture; former Meiho Village, Gifu Prefecture; Ikeda Town, Hokkaido Prefecture; and former Asuke Town, Aichi Prefecture.

»教材をみる

8位

日本の経験−廃棄物管理−
Technical Expertise of Japan in Solid Waste Management

English/Japanese
/Spanish/Arabic

User's Voice!
配属先で管轄している13市の市役所で環境課と恊働している。ゴミの分別やリサイクルについても活動の幅をひろげる予定。特に今年からゴミの収集システムを見直す市もあり、町内会長を集めたミーティングが開催される。このビデオで映し出されるかつての日本の状況は、現在のホンジュラスでの状況と類似しており、住民と共有したいと思う。他の12市でも、活用していきたい。
JICA ホンジュラス

本教材は、行政・市民・企業による取り組みを紹介しつつ、廃棄物管理の改善に向けて日本がたどった歴史を開発途上国で廃棄物管理に携わる人々と共有することによって、かつての日本は現在の開発途上国が抱えているのと同様の問題を克服し、現在に至っているという事実を知ってもらうことを目的としています。

日本の廃棄物管理は、戦後の復興期における衛生改善としての取り組みからはじまり、焼却や埋立て技術の開発等の試行錯誤を経て、現在は循環型社会を目指す方向にあります。関連資料も充実しており、日本の廃棄物処理の歴史や法体系等の図説、循環型社会をつくるための各法律の概要、廃棄物関連データ等の資料もあわせて収録しています。

The technology of Japan's solid waste management has started to improve public health since the restructuring period after WWII. Japan has completed its incineration and reclamation technology, after repeated trial and error. The next step has involved studies designed to bring about a recycling society. This material introduces the efforts made by administrations, citizens, and businesses. Also, this material is designed to make people understand the fact that Japan once had the same problem with managing solid waste that developing countries are facing at present. But Japan has overcome such difficulties. Here, people can be sure that they also can improve their situation in developing countries, by learning of the measures taken by Japan to improve its situation.

»教材をみる

9位

衛生埋立への道−福岡方式(準好気性埋立技術) *
Road to Sanitary Landfill- The Fukuoka Method (Semi-Aerobic Landfill)

English/Spanish
衛生埋立への道−福岡方式(準好気性埋立技術)

User's Voice!
2009年に終了した「地方自治体廃棄物総合管理プロジェクト」で準好気性埋立処分場を建設しているにもかかわらず、当地でその処理方法に関する理解が進んでいないため、環境省や自治体の廃棄物管理に携わる関係者及び日本側青年海外協力隊員等が理解を深める一助としたい。
JICA エルサルバドル事務所

福岡大学松藤教授による準好気性埋立方法「福岡方式」の講義をCD-Rに収めたものです。松藤教授が通常、1日で福岡方式について講義を行う場合の最も基本的な内容となっています。

本邦研修の効率化、研修後のフォローアップの充実、及び本邦研修が受けられない方への講義の提供を目的として作成されました。

Three basic lectures on the Fukuoka Method are gathered into one CD-ROM. This training material is developed to improve efficiency of trainings provided in Japan and to provide opportunities for a wide range of people to learn about the Fukuoka Method.

»教材をみる

10位

日本の生活改善の経験
The Lessons from Livelihood Improvement Experiences in Postwar Japan

Japanese/English
/French/Spanish
/Arabic/Sinhara
日本の生活改善の経験

User's Voice!
研修コースで使用するとともに、図書室内に排架して外国人研修員、施設スタッフ、一般の方の利用に供したい。JICA 札幌

この教材は、日本発の農村開発アプローチとして、日本の戦後の生活改善運動を概観し、日本の援助関係者が推進する援助業務の参考とすることを目的に制作しました。現在、各プロジェクトの中で生活改善のコンポーネントとして取り入れいる生活改善活動アプローチが単なる導入活動でしかない「改良かまど」が、社会的コンテクストを考慮しないまま採りいれられたり、収入向上が優先される目標であるとの理解から、生活改善と称して一挙に食品加工や手工芸を導入する向きがあります。 生活改善アプローチを正しく理解していただくために、日本の生活改善運動についての5つのキーワード(農村開発、貧困削減、生産と生活の両建ての働きかけ、参加型開発、行政と住民のシナジー)に基づき、生活改善活動へのアプローチ事例を通じて、理解を深められるよう構成しました。

This material was made for Japanese organizations that help developing countries as a reference for their assistance work. Currently, in each livelihood improvement project, there is a tendency to introduce improved kamados, as just an input activity, without considering the social context, and handicraft or food processing are introduced as a livelihood improvement project just because income improvement is the main objective. Therefore, this material is designed to deepen the understanding through example cases based on 5 key ideas: farm village development, poverty reduction, production activities compatible with the target group's lifestyle, participatory development, and synergetic effects between administrations and residents.

»教材をみる

* 印の教材については利用許諾上、閲覧をJICA関係者に限定しております。 「複製とは?」

* Under copyright restriction, some contents are limited to JICA internal use only. "Application for Copies of Multimedia Contents"