jicaTitle jicaLogo
ヘッダー


ログイン

ライブラリトップ
検索
 
お問い合わせ
 


コンテンツ詳細画面



ライブラリデータ

ファイル名 フォーマット サイズ 備考
A01042_jp_full_480p.mp4 mp4 601.7MB Japanese 31'12"
A01042_jp_full_240p.mp4 mp4 155.4MB
A01042_jp_digest_480p.mp4 mp4 115.9MB Japanese 06'00"
A01042_jp_digest_240p.mp4 mp4 30.0MB
A01042_en_full_480p.mp4 mp4 601.7MB English 31'12"
A01042_en_full_240p.mp4 mp4 155.4MB
A01042_en_digest_480p.mp4 mp4 115.9MB English 06'00"
A01042_en_digest_240p.mp4 mp4 30.0MB

コンテンツタイトル : 持続可能な灌漑農業 ~参加型水管理の取組~
コンテンツタイトル(英語) : Sustainable Irrigated Agriculture -Participatory Irrigation Management initiatives-
管理番号 : 20GPPL015
概要 : この教材では、JICAが国際協力(農業・農村開発協力)を途上国で行う際の礎となる日本の歴史・制度として、灌漑農業の営みの背景にある歴史的に築かれてきた農民主体の水管理システムを取り上げ、その歴史や水利組織(土地改良区)等を紹介し、あわせてJICAの協力に対する途上国の政府関係者の声を紹介します。日本の土地改良区は、世界で取り組まれている参加型水管理のモデルとなっています。
背景と目的 : 日本では、古くから水稲を中心に農業が発展してきましたが、この持続的な灌漑農業を支えてきた基盤が、灌漑施設のネットワークと、農民主体で行う水管理システムの仕組みです。特に、この仕組みを中心的に担う土地改良区の組織・運営や、政策・法令に基づく土地改良区の制度については、日本の特徴であると言えます。
世界中で展開が進む「参加型水管理」のモデルとしても知られるこの仕組みについて、土地改良区や農家の活動も交え紹介するとともに、JICAによる技術協力プロジェクトでの導入事例や課題別研修について、実際に経験した途上国政府職員や研修生の声を中心に紹介します。
本教材は、本分野のJICAプロジェクトに携わる途上国政府職員や農家、本邦研修に参加する途上国の研修生などが、参加型水管理の基礎的理解を促進する一助となることを主な目的としています。
作成者・監修者 : JICA経済開発部農業・農村第二グループ
発行元 : JICA
関連案件 :
担当部署 : JICA経済開発部農業・農村第二グループ
分野課題 : 農業開発・農村開発
対象地域 : 全世界
言語 : Japanese / English
複製メディア : DVD(Japanese/English):NTSC:01042
DVD(Japanese/English):PAL:01043
対象者 : -
資料種別 : マルチメディア教材
コンテンツ作成日 : 2021/10/29
公開開始日 : 2021/11/10
権利情報・閲覧可否 : Open Access
権利情報・複製可否 : Yes