jicaTitle jicaLogo
ヘッダー


ログイン

ライブラリトップ
検索
 
お問い合わせ
 


コンテンツ詳細画面



ライブラリデータ

ファイル名 フォーマット サイズ 備考
Text_Japanese_full.pdf Adobe PDF 6.3MB 151P
Text_English_full.pdf Adobe PDF 5.9MB 170P
Text_Arabic_digest.pdf Adobe PDF 1.2MB 29P
Text_Chinese_digest.pdf Adobe PDF 1.0MB 25P
Text_English_digest.pdf Adobe PDF 1.3MB 32P
Text_French_digest.pdf Adobe PDF 1.3MB 29P
Text_Japanese_digest.pdf Adobe PDF 5.6MB 27P
Text_Russian_digest.pdf Adobe PDF 1.7MB 36P
Text_Spanish_digest.pdf Adobe PDF 1.3MB 37P
Text_Vetnamin_digest.pdf Adobe PDF 1.0MB 30P
Text-Laotian-digest.pdf Adobe PDF 940.0KB 36P

コンテンツタイトル : 技術協力コンテンツ「日本の農民参加型灌漑管理組織」
コンテンツタイトル(英語) : Contents of Technical Cooperation "PARTICIPATORY IRRIGATION MANAGEMENT ORGANIZATIONS IN JAPAN"
管理番号 : 10TBIC001
概要 : 本コンテンツは、岡本雅美氏を委員長とし、田中覚氏、田島正廣氏、茂木吉成氏を委員とする有識者委員会の助言を受け2011年度に作成され、日本の農民参加型灌漑管理組織である土地改良区の構造と機能を、途上国への技術移転に役立つように紹介しようとするものである。ダイジェスト版は、オリジナル版(2011年度作成)を、日本語を含め9カ国語で簡潔に紹介しようとするものである。
背景と目的 : 日本は、その気象・水文条件に制約されて、天水田では水稲栽培ができず灌漑が必須であった。そのため、縄文時代後期に水稲栽培が開始されて以来、灌漑が継続して行われてきた。発掘された多くの考古学的遺跡に見られるように、複数の農民によって共用されたと思われる灌漑施設が建設されて、この施設を利用する灌漑組織が存在していたことが伺える。
すなわち、日本の長い歴史を通して磨きあげられてきた農民参加型灌漑管理について、最も主要な水利用者団体であり世界的に賞賛されている「土地改良区」を、それを支える重層的な地域農民灌漑管理組織を含めて紹介する。
作成者・監修者 : JICA 筑波国際センター
発行元 : JICA
関連案件 :
担当部署 : JICA 筑波国際センター
分野課題 : 農業開発・農村開発
対象地域 : 全世界
言語 : Japanese / English / French / Spanish / Arabic / Laotian / Russian / Vietnamese / Chinese
対象者 : 1.JICA研修員 2.研修講師 3.専門家 4.ボランティア
資料種別 : セミナー資料
資料形態 : Text
コンテンツ作成日 : 2011/02/20
公開開始日 : 2011/04/06
権利情報・閲覧可否 : Open Access
権利情報・複製可否 : No
備考 : 【注意】PDF資料は複製の対象外です。
ダウンロードしてご利用ください。